コンテ首相!イタリア旅行は大丈夫?〜新型コロナとアジア人差別

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

あちこちから「イタリアが大変なことになってるみたいだけど大丈夫?」のご連絡をいただきます〜。ありがとうございます。めっちゃ平穏です。そして「旅行どうしよう?」のご相談もいただきます。

日本では、切り取ったものや衝撃的なものが選ばれて報道(?)されることが多いから、判断も迷いますよね。

今は多分、感染者数の多さや一部で起きた買い占めパニックなどが報道されてるのかな?そりゃ驚きますよね…。



コンテ首相!イタリアは旅行しても大丈夫?!

昨日の記者会見で、同じ質問をされたコンテ首相が、

「イタリアは確実に対策しているから、多分…ほかの国より安全でしょう。封鎖しているエリア以外は、安心して旅行できます」

と、ビシッと言い切っていました。よっ!イケメン首相!毎日の記者会見お疲れ様です。

↓こちらのリンクに動画がありますよ〜。

Coronavirus, Conte: «L’Italia è un paese sicuro, più di altri. Si può viaggiare e fare turismo»
Le parole del presidente del Consiglio

今のところ、アウトブレイク地域のロンバルディア州とベネト州の一部の街の封鎖や自宅待機、他の地域でも子供大事!なイタリアでは休校、また美術館などの施設のクローズ等はありますが、それ以外はいつもと変わらず

まあ、どこに隠れ陽性者がいるかわからない…ですが、陽性者が発覚すれば、隔離→濃厚接触者追跡→検査→入院や隔離や自宅待機の流れが早いので、関わりがなければ何をどうすることもない?って感じで、いつも通り粛々と手洗いうがいをしてるだけw。…春節の日本にいたときより気楽。

イケメン首相は大丈夫〜と言ってますが、”安心して旅行できるかどうか”は他人に決めてもらうことじゃないし、万が一感染したとて、コンテ首相が責任を取ってくれるわけでもないから(だいたいどこで感染したかなんてわからないし。日本で感染してたかもだし)”正しい現地最新情報”をチェックして、最終的には自分の感覚で決めるしかない!ですね。

今は…ロンバルディア州とベネト州からの人の流れを止める動きも出ています。バジリカータ州では同地域から戻った住民が自宅待機になったり、隣国でも同地域からの旅行者を検疫するなどなど。

そんな検疫に巻き込まれて動けなくなる…のが感染より困るw!まああと1、2週間もすれば状況も落ち着いて、ドラスティックな対応も緩和されてくるでしょうね。

(そもそも新型ってだけでインフルエンザの仲間ですよね?)

ちなみに、本日のチンチアさんのピエモンテ・ワイナリーめぐりはいつも通り出発してま〜す^^。



アジア人差別には”スルー”が大事

北イタリア方面では、中国人や中国人と間違えられたフィリピン人が襲われたなんてニュースが入ってきます。さすがに襲われるってのは〜旅行者然とした日本人相手になかなかないと思いますけど…目の前で口に手をあてられたり、コロナ!と呼ばれたりは、まあ…ありますよ、うん。

平常時だってアジア人嫌いアピールをする人はいますからねぇ。いちいち相手にして傷ついてたらキリがないです。

さっき、ボン散歩で近所の犬友と話していたら、ゴホゴホッと咳したイタリア人が「ごめん」って言ってくれましたw。まともなイタリア人は、日本人相手でもまとも

つまり、もし旅行中に変なことを言ったりしたりする人に遭遇したら、それは相手をするまでもない”おかしな人”なので、無視&関わらないこと。言い返したい気持ちになったりしても、警察呼ぶぞ!などと脅したりすると、変な人は逆上する可能性も高いので、速攻その場を離れるのが得策ですよ。

イタリアは今、自分の国のことでいっぱいいっぱいであんまり日本がどーしたとか…あんまり報道されてませんw。感染経路ももはや中国人が浮上してこないから、そのうちアジア人差別はトレンドじゃなくなるのでは…?なんてね。

それより今は、イタリア国内でもロンバルディア人とベネト人への差別が増えつつ…………人間とはそういうものなんだな(白目)。

やーねw。と今日は笑っておしまいにしておきましょう。笑って免疫力アップです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました