「ボスの中のボス」と呼ばれたマフィア、トト・リイナ死去

うーん、昨日からイタリアのトップニュースは、これ。

トト・リイナ獄中で死去。

日本の新聞でもチラッと報道されているようですね。

Leggi su Sky Tg24 l’articolo Totò Riina, il boss di Cosa nostra stava scontando 26 ergastoli | Sky TG24

トト・リイナとは、コルレオーネ村出身のマフィアの大ボスの一人で、本名はサルヴァトーレ・リイナと言います。

戦後台頭してきた田舎マフィアの一人ですが、70年代に組織を受け継ぎ、その明晰さと残虐さでコルレオネージ(コルレオーネ村のマフィアの組織のこと。コルレオーネ組みたいな感じ)の勢力を拡大。マフィアの頂点に登りつめ、「ボスの中のボス il capo dei capi」と呼ばれました。

※あえて写真は載せません…。顔写真をサーバーに保存するのがなんだかちょっと^^;。上のリンクかググっていただければすぐ出てきますし!

シチリア・マフィアは、ニックネームで呼ぶのが通例ですが、トト・リイナのあだ名は、û curtu ウー・クルトゥ。シチリア語で「小さい男」の意味があります。イタリア語なら、ピッコロちゃん。158センチと小さい背丈ながら、その暴漢ぶりは果てしなく、La Belva(野獣)とも呼ばれるようになります。

裏切り者(警察に情報提供したマフィア)の息子さんを誘拐・監禁し、最終的に硫酸で溶かしたり、ファルコーネ・ボルセッリーノ両判事を爆殺したり。

数々の凄惨な事件は、今でも人々の心に深く刻まれています。なぜならこれらの事件は、80〜90年代の話だから。そんなに遠い昔の話ではないのす。ニュース番組でリアルタイムに見たり、パレルモでは…ファルコーネ判事の空港道路爆破暗殺時の爆発音を市内で聞いた人に会ったりすることも。

当時パレルモにいたピンキー(夫)は、「あの頃は、毎日毎日新聞に屍体写真が載っていた」と言います。夜は真っ暗で、コルレオネーゼVSパレルミターニの抗争に巻き込まれないよう出かける人も少ない中、若者たちはなにやら秘密クラブに集まっていたとか(どんなときものんき君・笑)。それらの写真を撮った写真ジャーナリスト、レティツィア・バッタリア女史は今も健在で、奇しくも一昨日オープンした「パレルモ国際写真センター」のオープニングパーティでもお元気に登壇されてました。

ご自宅にお邪魔した際に、写真集にサインをしてもらったりしたことも。80歳越えて、今なおお元気。

ワンコ好きで親近感…。パレルモ在ならではの役得感…。

それまで、ジャーナリスト以外は「見ざる・聞かざる・言わざる」だったシチリアの人々を変えた英雄ファルコーネ判事の葬儀ニュース。この事件で未亡人となった女性が、震える声で反マフィアを訴えるのが衝撃的でした。

マフィアの犠牲者である民間人が、マスメディアで反マフィアを訴えるのは、これが初めてのこと。そして、このことがきっかけになり、怒りと悲しみに耐えきれなくなった人々の間に、マフィア根絶運動が広がっていったと言われています。

1992年5月25日当時の映像…↓

1992年って…日本は、バブル崩壊前夜ですよね〜…。

トト・リイナは24年の逃亡生活を経て、93年の逮捕から獄中で長々と生きながらえ、享年87歳。イタリアには死刑がありませんので、最高刑がエルガストロ(終身刑)。数々の裁判で計26回のエルガストロを宣告されていますので、26回生き返ってもその人生は刑務所の中で終えることになるのでしょう(そういう考え方をするかは不明です・笑)。

もう一人の大ボス、ベルナルド・プロヴェンツァーノも昨年獄中死。世界にマフィアの悪名を轟かせる原因ともなった二人の大ボスがこの世を去りましたが、マフィアの存在は消えて無くなった訳ではありません。インヴィシブルになっただけ。地下に潜りイタリアの経済界、政界にしっかりとその根を張っています。←マフィアがいるのはシチリアだけじゃないんだよーってことです。

しかし、日常生活、ましてや旅行中に何か影響があるなんてことは、ありません(80〜90年代のドンパチ系極悪マフィアはいないし、秘密クラブに行かなくても夜、出かけられます・笑)。海外からの個人旅行者を狙っても、大きな儲けにはならないので、彼らにも興味はないでしょう。…もし、石油王や大富豪だったら話は別なのかもですが

え〜こちら、パレルモ中心地からお届けしておりますが〜、本日もいたって平和!平常運転でございます。

*****

コルレオーネ村のマフィア資料館にご案内するプランを企画してます。一部の方(笑)にとても人気があります。

憧れのあの映画のシーンに紛れ込んだよう! パレルモを出発後、名画「ニューシネマパラダイス」のロケ地、パラッツォ・アドリアーノ村を訪ねます。 映画のシーンがそのまま残ったような素朴な村を歩き、郷土ランチを楽しんだら、もう一つの村へ向かいます。...


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

「ボスの中のボス」と呼ばれたマフィア、トト・リイナ死去
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする