疲れるけど簡単!皮から手作り餃子会!&テキトーレシピ

昨夜、念願だった(友人の)野望を叶え(るのに協力し)ました。

ずーっと前からやろうやろう言われてた…

 

餃子作り!

しかも皮から!

 

想像するだけで死ぬほど面倒臭そう。既読にもしないでスルーしたくなるリクエストでしたけど、どんなもんか興味もあったので、とうとう決行してみた次第です。居酒屋ボン、餃子手作り教室編です。

 

いろんな動画を参考に、なんとなくテキトー(←いつものこと)に作ってみた餃子のレシピを覚書程度に記録しておきます!超うまくできたので、もしよかったらご参考までに!

 

<餃子の皮レシピ 60個分>

・薄力粉 (Farina “00”)150g
・強力粉(Farina “0”)150g
・熱湯 150CC
・塩ひとつまみ

①それぞれの粉をふるって、塩と熱湯も加えて、サラサラと混ぜる。

水…少なっ!

でも、あちこちの動画で、「少なくてまとまりにくいけど、頑張れ」って言ってるので、頑張ります。

…無理じゃん?

「水、足そう。無理。」
「だよね」

「それでも頑張れ」ってあちこちの動画で言ってましたが、さすがのイタリア人たち。無理はキライw。まー多少足して、おかしなことになってもそれはそれで。ってことで、足しました・笑。20CCくらいかなー。

 

それでもかったいかったい。

後はよろしく。

身長190cm級(?)の食いしん坊の友人が、コネ作業を一手に引き受けます。交代しながら、もーみもーみとこね続け、(ひび割れてるけど)一つにまとまってくれたので、ラップをかけて寝かせました。

 

参考にした動画のひとつです。真似したわけではない…っていうか、こんなにキレイにできないっ!多分、日本より湿度が低いんじゃないかしらー。

 

生地がお休みになっている間、具作りです。

<餃子のタネ>

・豚ひき肉 400g
・キャベツ 300g
・長ネギ  1本
・友人宅のバルコニーに生えていたニラに似た草・笑 少々
※ニラを探しても見つからなかったので、似たのがある!ってことでバルコニーから摘んできたのは、チポッリーナ(アサツキもしくは猫草w?)。
・にんにく 2かけ
・しょうが にんにくと同量
・ごま油  大さじ1
・酒    大さじ4
・醤油   小さじ2
・砂糖   小さじ1
・中華スープの素…とレシピにはありましたが、ケミカル!ってうるさいから割愛しました…。

具のレシピもあちこちネットで検索しましたが、こちらが一番わかりやすかったので参考にさせていただきました。

ジューシーな餃子☆ レシピ・作り方 by ☆ゆぅ♪☆|楽天レシピ
楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「ジューシーな餃子☆」のレシピページです。この餃子食べたら、もう他の餃子は食べられない!!って位おいしいです♪分量は大判約50~60個分です。多い方はまずは半量からお試しください。冷凍保存可能です。。餃子。豚ひき肉,☆にら,☆きゃべつ,☆長ねぎ,☆にんにく,☆しょうが(に...

 

鬼みじん切りタイム。キャベツ300gのみじん切りって疲れる!

なので、混ぜるのは、やって。

粘りが出るまで、もーみもーみ。

なんだかんだやってる間に30、40分寝てた生地を起こします。

ここからが、本番!

 

テキトーな大きさに切った”打っ切り飴”みたいな生地を、麺棒を使ってなんとなく丸く伸ばしてみます。

キレイに丸くならないから、パスタマシーンで伸ばして型で抜こう!ってうるさかったのですが、型で抜いてる動画の方が少ないし、プロは麺棒だけで丸くしてるし、きっとできる。となだめすかして、麺棒だけで伸ばしました。

もんのすごい…疲れる…。(イタリア人の相手が、ではなく作業が、です・笑)

けど、やっていくうちにコツをつかむもんで、みんな、最後の方は極薄なんとなく丸い感じにできるようになりました。

 

そして、詰める。詰め作業は、楽しい♪から取り合い・笑。

 

こんな感じで、超不恰好!だけどなんとか餃子っぽくできました!

ここまでで、2時間経過してるんですけど…途中、ワインを飲みながら…ですが、初めてにしては、早い方かしら。

そして、焼く!

ぎっしり!

油を引いて、強火で熱しながら並べて、焼き色がついたらお湯を120CCほどまわしかけ、ぶはー!!!!っと水蒸気が上がる中、バスっと蓋をしめて、約3〜4分。残った水分を飛ばして、油をまわしかけ(←これの意味がわからないけど、どっかの動画で見た友人が頑なに強要するのでかけてみた)、お皿にひっくり返して、

できあがりーーーーーー(о´∀`о)!!!!!

 

 

やばい…美味しい…。

チリオイルと醤油とワインビネガーのソースでいただきました。

米酢とラー油がなかったので…(ガクッ)。

でも大丈夫、とーてーも美味しかったから。苦労が報われた感じで、美味しさ倍増。疲れるけど作業自体はシンプルだし、ニラが手に入ったら、また作ってみたいものです。

 

ピンキー(夫)が、「実は…餃子の皮から作るの、僕も長年の夢だったんだ」ってボソッと。えーそうだったんだwww!友人の主張のおかげで、大事な夫の夢も叶えてあげられていたようです。

 

餃子の香りに包まれて、友人の膝の上で寝る看板息子。

ください攻撃が失敗に終わり、諦めて寝た。とも言います・笑。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました