ピエモンテ食い倒れツアーレポ 2日目AM
〜旅は煎茶先輩と生肉&白トリュフから!

<前回のお話>

ピエモンテ食い倒れツアーレポ1日目</br>〜夜中のトリノで”肉バーガー”の巻
いや〜今年の秋も食べました! 今年の秋はピエモンテで秋の味覚を食い倒れ!ツアーも無事終了致しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうござ...

トリノの朝は、”先輩茶”を飲みながら…

トリノ到着翌日の朝、ホテルで発見した先輩茶!

煎茶先輩!?!?

なになに?どういうこと?
世の中には、こんなお茶があるんですね!

ボン先輩に想いを馳せながら美味しくいただき(普通の煎茶ティーバックでした)2日の朝をスタートさせました。幸先良さそう…w。

ワイン造り真っ最中のバローロのワイナリーへ!

さて、朝食を終えたら、いざバローロへ!
今回はこじんまりサイズのツアー御一行さま。全部で8名の旅路です。
移動は、ラグジュアリーな白革座席のベンツ♪

運転手さんは、自慢気に”向かい合わせのサロンスタイル”で用意してくれていましたが、思いのほか人気がなく〜(笑)「進行方向逆向きは酔う。向き変えて」と言われて、早朝から座席の向き変え作業で腰を痛めてましたが…、時間通りにバローロ到着!

とりあえず、看板を写真に撮るご一行さまwith Y(←腰痛の運転手)。

曲がり道を進むと、霧に煙るバローロ村が見えてきました!

秋色ですなー。

さっそく、バローロの名門…バローロの生みの親でもある伝統のワイナリー”マルケージ・ディ・バローロ”を訪ねました。

地下にあるワイナリーは、ワインの香り。
それもそのはず…今年は夏が暑かったためヴェンデミア(ぶどう収穫)が通常よりも早まり、ただいまワイン造りの真っ最中!

【動画】溢れ出るワインに驚愕ですw。

ワイナリーやバローロの歴史、世界遺産でもあるランゲ地域の説明などを聞きつつ、↓100年以上前に使っていた大樽や、

イタリア統一前後のワインボトルなどを見学し、

なるほどーとなったところで、お待ちかねのランチです。

今年の白トリュフは、いかに?!

ワイナリー併設のリストランテに用意していただいた席で、全員揃っての初ゴハンはピエモンテ伝統料理のフルコース

アンティパストは、名物カルネクルーダです!

あら?なんか微笑まれてる?!

そして…微笑んでるお肉に、

ガーシガーシ…。

今年初の白トリュフ〜!

グフフ。
今年は夏が暑くて、ほとんど雨が降らなかったので!白トリュフ状況を心配しておりましたが!大丈夫。ちゃんとありました。ただし…クオリティ的には例年と比べるとちょいとイマイチ…なのは否めません。まあ、でも!あることが大事・笑。

アンティパスト2品目は、こちらも名物、
卵のココット白トリュフ乗せ❤️。

↓鼻近づけすぎw。

ピエモンテの秋の名産品に合わせたのは、バローロ・カンヌービ。

濃厚な白トリュフの香りとトロトロのココットに、ぶどう畑に囲まれた産地で飲む銘ワイン。欲望の充足と快楽の極み…正しい旅のランチ…。

このあと名物パスタのプリンと自慢のデザートが出ましたが、テキトーに撮った写真しかないので割愛します…。

そうして…お腹いっぱい&ワイナリーショップでお買い物を楽しんだご一行さまは、幸せ抱えて次の目的地バルバレスコへ向かうのでした。

続く。

★チンチアさんの日帰りワイナリーツアーでもこちらのワイナリー&リストランテにお邪魔します。季節の間は白トリュフのココットが食べられますよ!

アクセスの心配なしに憧れのバローロへ! バローロやバルバレスコ…イタリア最高峰のワインが生まれるピエモンテ州のワイン産地エリア。 実は、トリノやミラノから日帰りで行くことが可能です。 現地在住のフードジャーナリストがコーディネート ※集合/...


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

ピエモンテ食い倒れツアーレポ 2日目AM </br> 〜旅は煎茶先輩と生肉&白トリュフから!
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする