出発の朝…ボンさん、帰りの船はお決まりラグマット化

早朝警備隊のミッションが終了し、みんなの朝ごはんに付き合ったあと、それぞれがシャワー浴びたり、なんやかんややっている間(つまりみんなの活動してる音が聞こえてる間)は、ボンさんに穏やかな時間がやってきます。

ボン警備隊員、朝からご苦労さま…からの絶景フィリクーディ島
バカンス中の朝は、早い…(ボンさんが)。 虫との戦いの夜を終え、 漆黒と完全なる静寂に包まれて、いつも以上に深い眠りを堪...

やっとひと息…ってな趣のボンさんです。

「やれやれ。今朝も無事だった…。」

ゆったり景色を堪能するシニョール・ボンですが、そろそろ出発。パレルモに戻る日がやってきました。

ボンさん、ボンさーん!

おくつろぎのところ悪いんだけど、そろそろ帰りの準備してくれない?

「え……帰るの?」

おはよー🌞起きた?#buongiorno #ボン先輩 #足長い #雑種犬 #保護犬 #元保護犬 #イケメン犬 #シチリア #ブーゲンビリア #ilovemydog #cane #dog #sicilia

うん、そだよー。

そうして、ボンさんも水着(鎖の首輪)や専用バスタオルなんかをパッキングして、帰路の旅に備えます。

行きと同じように、モトリーノに荷物と人間と犬を満載して港へGo!

帰る前夜、”翌日のチケットが満席で取れない騒ぎ”などもありましてね。行きも満席だったけど、帰りも満席。

満員の船で立ったまま寝るサラリーマン・ボンと</br>衝撃のパンツさん
スヤスヤスヤボンが着いた先は、シチリア島北岸東寄り〜のミラッツォ。ここからは、おなじみのエオリア諸島への船が発着してます(6月後半からはパレ...

ならばなぜ、行きのチケットを買った時に往復チケットを買っておくことを勧めないんじゃっ!!!とちょいとイラっとしましたが、まーしょーがない。

シチリア(ミラッツォ)発の船は、ブルカーノ島・リパリ島・サリーナ島を経由してフィリクーディ島へ。ミラッツォーブルカーノ島が満席だった往路。帰路も、ブルカーノ島ーミラッツォが満席らしい。

ならばなぜ、そこの短い区間だけ増便しないんじゃっ!!!とちょっとイラッとしましたけど、まーしょーがない。

島民に確保されているようなされていないような限定席のようなチケットを無理やり買うしかありません。ということで、いろいろ裏工作(?)をした結果、一応予定していた便のチケットを買うことができたのですが、心労が激しいw。

今年はなにやら大人気らしいので、エオリア諸島へ行く予定の方は早めにネットでチケット買っちゃった方がいいですよー(往復で)!とちょっとは役に立ちそうな情報を交えつつ…出発です。

サリーナ島だよ〜。

フィリクーディ島がどんどん離れていくよ〜。

海が青いのぅ〜。

ボンさん、見てる?

ねえ?

あ…。

俺、帰りたくない...Cane tappetizzato.#ボン先輩 #バカンス #帰りの船 #落ち込む犬 #雑種犬 #元保護犬 #保護犬出身 #シチリア #sicilia #eolie #aliscafo #versomilazzo #depressione #finevacanza

ラグマット化。

毎度のことですが、帰りのグッタリ感ハンパないですw。がっかり感と警備疲れが相まって、帰りたくないけど帰りたい。そんな心持ちだったりするのかもしれません。

やっぱり、家が一番いいな〜!
帰ったら、さっぱりお蕎麦を食べたいな。

なんて、イタリア旅行帰りについつい思っちゃうようなことを考えていそうなオヤジボン、6歳の初夏でした。

おしまい♪


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする

コメント

  1. accaesse より:

    楽しかった~~♪
    読むだけで充分堪能したバカンス^^

    • sawabon より:

      >accaesseさま

      長くなっちゃいましたが、読んでいただいてありがとうございました^^❤️!!