Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パレルモ近郊モンデッロへ!日帰りカリブ旅行?!

お申し込み絶賛受付中!

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

てなわけで、シチリアです❤️。件のTVロケで、何度かモンデッロにも行きました。

パレルモ近郊にある白砂ビーチ・モンデッロは、透明度が高くてキラキラしてます。”シチリアのカリブ”と呼ばれているとかいないとかw。イタリア人は綺麗な海をやたら「カリブのようだ」と言いがち。



恐るべし白砂ビーチ…SPF50でも顔が赤銅色!!!

仕事だったので…残念ながら海には入っていませんが、いろいろあれこれ照り返しの激しい白砂ビーチを右往左往していたせいか、夜、鏡を見たら赤銅色。ガッビーン(死語)!

SPF50もまったく効きませんでした!

日本製なのに…最も強力と誉れ高いかの有名なア●ィーなのに…。良い年して赤銅色になるなんて、もう生きてる間にリカバリーできる気がしません

とはいえ、シチリア暮らしも10年に近づき、毎年バカンスに行ってる割にはシミはバカンスの勲章と開き直るほどはなく(雪肌精のおかげか…)、帯に短し襷に長し。中途半端に赤銅色でシミありって、むしろ最悪ーw。

「気にすんな!」

と言ってくれているような気がするわ(ポジティブ・シンキング)。

「気にすんな!」

ココナツ売りのおじさん、ありがとうw。

ココナツ売りのおじさんの奥で、怪しく動いている影は、何が楽しいのか炎天下でアクアビクス中の人たち。ビーチではなんでもアリです。



プライベートゾーンとフリーエリアがあるイタリアのビーチ

イタリアの「リド」とか呼ばれるいわゆるビーチには、たいていプライベートゾーンとフリーエリアがあります。モンデッロもしかり。

プライベートゾーンは、こんな風にパラソルが並んでいるところで、

半日とか1日とか入場料(ビーチベッドとパラソル付き。アマルフィとかゴージャスビーチはビーチタオルも付いてくる)を払って入ります。早朝(と言っても9時頃)のモンデッロは、まだ空いてる…嵐の前の静けさともいうw

一応、掃除はしてあるし、監視もあり治安(主に盗難)もまあまあ良いことになってます。運営費は必要ですよねー【棒】。

楽しいツーリストには必要ないかもしれない豆知識→ちなみに、TVでも雑誌でも撮影するときは撮影許可と場合によっては撮影料が必要になるのですが、モンデッロのプライベートゾーンもパレルモ市の許可証とは別に、運営する会社のエライ人のさらに上のエライ人の…さらにもう一つ上のエライ人(それはもう…マのつく人では…w)の許可が必要で、ついでに入場料以外に撮影料もかかります。聞くところによると、世界各地のビーチも似たようなもんらしいですが、はてさてビーチを牛耳るのは…。

閑話休題…。

日帰りでも半日でもパレルモもからサクッとモンデッロ♪

モンデッロへは、パレルモ市内からは車で約15分くらい。日帰りでも、なんなら午前中や夕方だけでもサクッと行けるし、バールやレストランが並んでいるのでお食事にも事欠きません。

モンデッロの入り口付近にある老舗アルバ(ジェラートが美味しいバール・リストランテ)のサラダランチ↓。

生ハムがこれでもか!+モッツァレッラがこれでもか!と乗ったどーでも良い家でも作れそうなサラダだけど妙に美味しかった…。それは…小麦粉から解放された日だったからか…。

そしてモンデッロといえば、名店中の名店バイバイブルース。夏のコースをいただきました♪

”レタスとエビのムース”ですって。シチリアはやっぱり美味しいな〜❤️。赤銅色になっても、ま、いっか。になる美味しさです(いや、なんとかせねばw)。

 

シチリア食い倒れツアーではバイバイブルースにも行きますよ♪豊かなシチリアの食文化を一緒に楽しみましょう!(俺は行かないけど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました