Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワインのシミが?!感心したシチリア郷土愛と使えるテーブルアイデア♪

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

こちら、週末にお呼ばれした友人宅のディナー。

 

建築家カップルの二人暮らしのお家で、
インテリアも素敵だけど、
テーブルセッティングも素敵!

と、席についてよく見たら、

あら!
なーんと紙皿@@!

っていうか、お家ごはんなのに、チーズの盛り方がおしゃれっ!!!!

盛り方に目がいって、紙皿だったことに気づかなかったっていうか、紙皿でも盛り方次第とも言えるし、ま〜何しろ「なるほどーこういう使い方があるのか」とシミジミ感心しました。

紙皿もこんな風に利用されたら本望!
思い切って成仏できそうです。

 

紙皿、紙皿って失礼ですが(笑)、人数が多いと後の片付けも大変…だし、だいたい 洋食器は6客組セット。そもそも同じお皿を10枚以上揃えてる一般家庭なんて、イタリアでもなかなかありませぬ。

ワザとバラバラの食器にしたりすることもありますけど、ホストの美感にもよりますねぇ(チンチアさんは、たとえ2人用でも揃えたがらないw)。

 

チーズも実は大したチーズではなく(←本人談ですから)、キューブ型はシチリアのいつものチーズ(プリモサーレ)、三角のは「強烈辛いペペロンチーノペーストにフィラデルフィアを混ぜてパンに塗ってみた」カナッペ。グリッシーニが乗っかっているのは、「ゴルゴンゾーラとマスカルポーネとフィラデルフィアのミスト」です。

フィラデルフィア流行りなんだねw。って感じでしたが、ゴルゴンゾーラとマスカルポーネと混ぜたクリームは、ニンニク・オレガノでカリカリにしたクロスティーニと超絶マッチして、げーきーうーまー。

簡単だし真似してみる!!!

 



 

次のお料理は、サルシッチャとリンゴのオーブン焼き。

くるっと、バルサミコ酢が彩ります。紙皿をw(←しつこいw)。

サクサクパン粉とリンゴの甘酸っぱさが美味しかった…。これも真似してみたい。

 

そして、スフィンチョーネ!!!!

パレルモ人が集まるところには、どこでもいつでもパレルモストリートフード・笑。

そんなに好きかー。とこれも感心する項目のひとつですよ。参考↓。

お洒落ギャラリーのクリスマスパーティでもやっぱり…
どうも皆さま、ボンジョルノ! 来年に向けてのプロジェクトがあれこれあって、 ワタワタワタワタワタワタ…。 アワアワしているうちに、 2018年が終わ...

 

ちなみに、これは近所のスフィンチョーネ屋さんのお持ち帰り。こちらのポルケッタのスライスもお持ち帰り。

準備に力尽きた模様・笑。

 

彼女のマンマによる全粒粉の母酵母(リエビト・マードレ)を使ったスカローラのスフィンチョーネと彼のマンマによるシャンピニオンのソテーなどもありました。ちなみにマンマは不参加なのに!用意だけしてくれたんだそうです。さすがシチリアマンマですな〜。

デザートは↑(左端)素晴らしいフォンダン・オ・ショコラ。チョコレートとカラメルソースがトロリとする2パターンも作ってくれてました❤️。あ、本人たちが。”たち”がというか、彼が。

 



 

このカップルは、彼の方が調理担当(毎日ね!)。テーブルセッティングも盛り付けも、ぜーんぶ彼です。そんなシチリア人カップルもいるわけです。

シチリア人8割、外国人(日本人とローマ人w)の組み合わせで、かくかくしかじか文化比較論がなかなか面白い会でした。

 

特に、ローマ人との「ローマの美味しいもの話」。

カルボナーラに対するシチリア人たちの拒否反応・大笑!イタリアでは、他の地方のお料理はあまり食べない中でも、ボロネーゼやペスト・ジェノベーゼは結構普通に食べます。でも!カルボナーラは受け入れられていないことが判明・笑?!

「半生っぽい卵がな〜」…って。

生の魚介は食べるのに?!
魚卵は半生で食べるのに?!

パレルモ人は同じ島国、魚の民♪

 

ゴミも分別するし、信号待ちでクラクションも鳴らさないし、歩道に広がって歩くおばちゃんたちにイラつく、かなり文化的価値観の一致するシチリア人たちで、食べ物は普通に保守的なのねぇ。フォンダン・オ・ショコラにもたっぷりシナモン入ってたし(←パレルモ風味)。

なーんて言ってヤイヤイやってたら、ガタンと倒れたワイングラス。中の赤ワインが広がると…

 

えーーーーー!

シチリア?!

 

ワインのシミまでシチリアとは…。
恐るべし郷土愛…。

ワイン倒して日本の国土のカタチにシミ作る自信ないな…・笑。

 

シチリア人の郷土愛パワーと気楽な友達が集まる会では、紙皿(有機分解系)もアリだな!と学んだ夜でございました。ゴールドのアンダープレートも紙です!

 

コメント

  1. しんしん より:

    紙皿、これを見たら本気で導入したいかも~。我が家の年末恒例の旅報告食事会は1人当たり食器&グラス&カトラリーで20アイテム+その他諸々・・・今年は8人!お手伝いさん無し食洗機無しの後片付けで気力も体力も奪われ、必然的にお節も雑煮もカット。寄る年波には勝てません。あ、料理も喜んでもらえましたが一番人気はあのアーモンドでした(笑)

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      紙皿も使いようですねぇ。とはいえ、カトラリーとグラス類は洗浄必須なので・・・また大変。さすがにそれらも使い捨てだと味気ないですしね^^;。プラスチック系は近々使用禁止になりそうですし!
      あのアーモンドは絶品ですね❤️我が家も品切れ中なので、また仕入れなければw。

タイトルとURLをコピーしました