“幸せなパレルモPalermo Felix”を感じる花咲く楽園モンデッロビーチへ♪

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

ロックダウンが実質解除になりましたが、ビビって未だに美容院にも行けておりません^^;。でも、そろそろ解放感に慣れないと…ということで、近所の海にランチしに行ってきましたよ〜。

そしたら…もう完全に夏でした!



嘘みたいな海の色!距離感保つ夏到来

パレルモから車で10分くらいのモンデッロビーチ。

かーなーり空いてます!というか、皆さんちゃんとソーシャルディスタンスを守ってる感じです。

毎年夏はこんな感じ(↓)。来週土曜日から本格スタートするらしい。

パレルモ近郊モンデッロへ!日帰りカリブ旅行?!
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ てなわけで、シチリア...

たまにマスク姿の人もいるけど、だいたいしてない。まーこれだけのオープンエリアでする必要もないですねぇ。



砂遊びを禁止されたボンさんの恨めしい背中

ボンさんも砂浜に降りてみました。

やることはひとつ…。

掘る!掘る!掘る!(Test! Test! Test! by WHOみたいに言ってみるw)

ダメだしされて、恨めしそうにする背中。

「なんであかんのや…」

まあ、今回は本格的に海遊びする予定ではなく、身体慣らし(?)でのオープンランチ。※お持ち帰りの”スキアッチャータ”が美味しかったのだけど、モスバーガー並みにオリーブオイルが腕まで流れるわ、ボンさんに砂かけられるわで惨劇状態になったため撮れませんでした。



花々が咲き乱れるリバティ様式の別荘地

モンデッロはイタリア統一後、華やかなリゾートとして人気を博したパレルモの別荘地として開発されたところで、今も当時のリバティ様式の別荘が並んでいます。

もともとは漁村で、ちょっと離れると普通のアパルタメントばかりになりますけど、別荘地として開発されたエリアには当時の面影を残す瀟洒な建物が多く、その庭々には花々が咲き乱れてました

ブーゲンビリアもそれっぽいですが、キョウチクトウもこの勢いで咲かれると惚れ惚れするわー。

“ハナノナ”発動。

今、ちょうどジャカランダが季節です。ガソリンスタンドを飾る紫のジャカランダ。

パレルモの街中も花まみれ。コンカドーロ(黄金の盆地)とかジーザ(光)とか、いろいろキャッチコピーがついたパレルモですが、中世時代にはフェリーチェ(幸せ)”Palermo Felix”と呼ばれてもいたそうです。この季節は特にフェリーチェ感高い(真夏は暑すぎるから)。

そろそろ本格的に海に行きたくなってきましたよ…心のリハビリになったかも。ロックダウンや自粛後は、リラックスする時間が必要ですね!

どうぞ良い日曜日を!
Buona Domenica!

コメント

  1. 比屋根優子 より:

    昨日のオンライン料理サロンは、はじめての経験で、とてもワクワクしてました。イタリアの家庭を除けた感がよかったです。途中、イタリア人のことや封鎖解除などの世間話が、楽しかったです。イタリアへ旅行に行く前の事前学習的でよかったです。
    ありがとうございました。

    • sawabon より:

      >比屋根さま

      改めまして、ありがとうございました!
      もう少し、日本語でもおしゃべりできたらよかったですねー。
      またぜひご参加くださいませ♪Grazie!

タイトルとURLをコピーしました