お宅拝見!”生きた美術館”に残るラグーザお玉の壁画

どーも皆様ボンジョルノ!

プチバカンスから戻ってきてから、空っぽになりかけた脳を取り戻しつつ…パレルモの平日話の戻ります。

先日、パレルモ市長選がありましでね。

現オルランド市長が再び立候補してまして、
選挙前のパーティがあったのですが、
それが!なんと!
お玉さんの作品が残るお宅にて開催!

政治的なポジションとは無関係に、
ってことで、しゃもじを持ってw!
お宅拝見気分でお邪魔してきました。

まずは、↓プライベートエリアに上がる階段ホールから〜。

場所は、パレルモ新市街。
と言っても1900年代初めに開拓されたエリアで、
当時流行だったリバティ様式(アールヌーヴォー)のお屋敷が、
立ち並んでいた通りにあります。

ブルジョワジーの憧れの住宅地だったとか。

建築家フィリッポ・ラ・ポルタによって、
1906〜1908年にかけて建築された邸宅は、
見事に当時の”そのまんま”状態。

100年前にタイムスリップしたようです。
使い古された言い方だけど…まさにそんな感じ。

だって…これ…。

アールノーヴォーのトイレとビデ!!!

なんか、リアル〜。

全部で20部屋以上あるから、
そのまま使ってなかった部屋もあったようですね。

いつから置きっ放しなんでしょうw?

誰も揺らしてないのに、揺れ始めたり。。。
…絶対あるな。

元は、カルーソー医師の住居だったところで、
つい先ごろまでは、
件のオルランド市長ファミリーが所有していた邸宅。

お玉さんの壁画は、
パブリックスペースのダイニングルームにありました。

こちらがそうなんだけど〜…

スマホカメラとはいえ、質悪っ!な写真でごめんなさい。
やっぱりiPhoneに乗り換えようかな。。。

ところで、「お玉さん自叙伝」によれば、

カルーソー家の大サロンに天井壁画…

と、あるんですが、天井は木製…。
大サロンではなく、ダイニングルーム…。
んー?!
お玉さんの記憶違い?
継続してリサーチしてみようと思ってます。

パーティ開始前のひと時。

パレルモの平日ってデカダンス❤️。

さて、夕日が落ちた頃…現実に戻り(からっぽの脳が大忙し…)、
パーティのスタートです。

まずは、ガーデンブッフェから。

出た!内臓バーガー!
名店”ニーノ・ウ・バッレリーノ”のニーノさん。

ストリートフードは立って食べるものだから、
パーティーフードにピッタリwとも言えるけど、
ほんっとパレルミターノは、内臓バーガー好きねぇ〜。

あ〜うまいわ❤️。

手をギットギトにしながら、
オルランド氏の演説を聞いたりしつつ、
木製天井の大サロンにて、まったりする紳士淑女。

あーなんか現実感薄い…。

世界文化遺産にもなっているプーピ(操り人形)劇団の、
クティッキオ・ファミリーの催しなどもありまして、
友人知人とガヤガヤしてるうち、
なんとなくヒトがいなくなってお開きというゆるい閉幕。
(万歳三唱とかないから)

え〜100年前の”リバティ様式”の邸宅が、
普通に活用されているライブな現場からお届けしましたw。

イタリアのこういう…古いものを当たり前に利用するところ、
エコだなーと感じます。

で、選挙結果ですが、オルランド市長が再選となりました!
(決して、内臓バーガーの力ではない)
パレルモは、約70万人規模のイタリア第五の都市。
イタリア的にも重要なポジションにありますし、
来年は、イタリアの文化首都ですし、
引き続き活躍を期待したいところです。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

お宅拝見!”生きた美術館”に残るラグーザお玉の壁画
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする

コメント

  1. しんしん より:

    日本の立候補パーティーと違いすぎ!!歴史的お屋敷活用も含め興味深いレポート、ありがとうございました。あの便座に座ってみたい!
    しかし、”しゃもじ持って”に笑った直後、木馬に凍りつきました。
    松谷みよ子著『ふたりのイーダ』の椅子を思い出して・・・誰かを待っているのかも。

    • sawabon より:

      >しんしんさん

      >あの便座に座ってみたい!
      えーチャレンジャーwww。なんか不思議な形してるんですよね、幅広でまあるい。不思議…。ドレスと関係があるのかなー?などと想像してみました。

      …誰かを待っているのかも。ですねw。