このコロナ禍の世界で東京からパレルモまで中3日!Fedexがすごい〜(感動)

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

暑い!やっと夏です。周りもバカンスの話ばかりになり、イタリアの夏が戻ってきたなぁと感慨深いです。ロックダウンやら何やら…激しい半年でした…ってまだ終わってないから、移動方法やら行き先やらも”感染対策がテーマ”なのが2020年の夏らしいデス。

世界は止まっているようでしたが地球は回っていて、いろいろ期限とかあるのよね。先週、取り扱い最注意のとある”ブツ”を日本から送ってもらいました。

大事なのは諦めない気持ち?

国際郵便はまだ止まっているらしいし、そもそも取り扱い注意だから、日本郵便から不安定なポスタ・イタリアーナに渡された先で消える可能性も多大…。

今までだって見本誌30冊入りの大箱が消えたり、日本に戻ったこともあるし、この3月には書類が「保管期間が過ぎた」と日本に戻ったばかり。いやいや、まずピンポンされてないんですよ!ロックダウン中でずっと家にいたのに…。

な〜んて日本では想像できないことが平気で起こるから、しっかりトラウマ。「いつか帰国した時に手元にあれば…無いものと思って過ごそ〜」と粛々と諦めていた矢先、チャレンジャーな友人が「送ってみようよ」と言い出してくれたのです(この人…以前パリからパレルモに郵送した本が2往復した経験があるにも関わらず)



多分、その”到着予定日”は何かの間違えでは?

まったく賛成できませんでしたがw「何が一番良いか研究する」とのことで、自宅から友人宅に転送。研究結果は、「やっぱりFedexが安心感ある」と、早速先週月曜日に発送(ま、そんなFedexでも予定通りに着かないことは多々あるのよね…)。

するとどうでしょう…。その日のイタリア時間夕方に、Fedex Italiaから「金曜お届け予定」の連絡が!

え?何かの間違えだな…。

紛失・盗難覚悟の上だったし、傷ついた心は疑惑でいっぱいで俄かには信じられず(ちなみに日本のFedex画面では月曜お届け)、見なかったことにして過ごしていたら、金曜日に「今日行きます」の連絡が〜!

え?何か別の荷物かな?

だって…絶大な信頼を寄せる日本の方が月曜お届けから変化なかったから。イタリア人のポジティブな気持ちが送られてきたのかな?などと話していた矢先、

ピンポーン!

え?まさか…。

慌てて階下に受け取りに行くと(アパルタメントの上まで来てくれない)…。

ぎゃーーーー!
お待ちかねのブツ!

玄関先で喜びの一枚

ビックリしました!汗だくで走り去っていった…Fedexの配達員さん、ありがとー!天使に見えたよー。

ドタバタ狂喜乱舞する飼い主に、怪談話を聞いたかのような怯え顔になるボンさん。稲川淳二っぽい。

Fedexすごいなぁ…こんな状況下なのに(涙)。

日本国内だったら当たり前過ぎて「何言ってんの?」って話でしょうけれど…w。ここは地中海の果て、シチリア。コロナ騒ぎの余波がある中で免疫力が上がるレベルの感動秘話です。ええ、ええ、そうです。

その上、友人は送料いらないって言うし…まあ、お金を送るのもアレなので暑中お見舞いの花束を送りました。花キューピットでw。太っ腹な友人の勇気とFedexの皆さんに感謝です。そう、花キューピットも便利なのよねぇ。よく利用してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました