アマゾンでベッドのマットレスを注文!届いたのは…

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

そろそろ夏になりそうなパレルモですw。今日、27度…。先ほど、ボン散歩で遭遇した近所のボス(という名前の犬です)の飼い主さんが「この不安定な天気!いい加減にしてくれ」と汗かきながら怒っていました。脱ぎなよ。とオススメしておきましたが、保守派は混乱していますw。

先日の青い目の美少女犬を引き取るか問題。一時保護中のお家のチビッコがすっかり仲を深めているので手放さない可能性も出てきました(せっかく仲良くなってるのだから、そのまま飼ってあげて欲しい気持ちが95%くらいある…)。生き物だから、タイミングもありますしねぇ。

まぁ、最初から、なぜかパッとスムーズに行く時って、たいていその後もスルスルーっとうまく行くし、ちょっとどこか無理やり感を感じつつ始めたことって、割とその後もつっかえつっかえになりがちなもの。そう言う時は、自分からは動かず状況を眺めることも大事…。

ベッド用のマットレス(ダブルサイズ)をアマゾンで購入

さて、昨日は待望のマットレスが届きました!最近、マットレスの”ヘタレ”のせいか、お尻のあたりの沈み感が気になっていたので、最新型マットレスを購入。

最近、イタリアでは記憶形状型高反発ウレタンが流行ってますが、ポケットコイルで上部が形状記憶のミックス型にしてみました。

これが超重い。ダブルサイズ(160cm✖️200cm)で32Kg

配送予定が昨日で、ちゃんと昨日の朝、ピンポーンと届いたのです!(いやいや、最近はホント、配送事情が良くなってるんですよねぇ。日本からのお届け物は全然届かないけど、イタリア国内だと予定日の前に来たりする←それはそれで困るw)

アマゾン配送の受け取りは無人エレベーターで

我が家は日本で言うところの4階で、配送人は上階まで来ないので(すごい時間ロスになるから?)地上階までピックアップに降りるのですが、アマゾンだと受け取りチェックが必要ないので、そのままエレベーターに”ブツ”だけ載せてもらってます。

オートロックを開けて、エレベーターに乗せたら「乗せたよー」と。で、家の前でエレベーターを呼べば、無人のブツだけ載せたエレベーターがやってくる。と言うわけです。

「エレベーターに入らない」と言うから下に降りてみると、箱が立方体

今回も、「載せて」と言ったら「エレベーターに入らない」と言うので、まーそりゃそーか。30kg越えのマットレス。丸めて配送になっていたけど、相当でかいんだろうな。と思い、どうやって上に運ぶかなーと考えつつ(誰か助けが来るまで下で保管かなー)下に降りてみると、

ん?箱が…四角い。

160cm✖️200cmだから、たて巻きにしても横巻きにしても細長い直方体をイメージしてたけど…

まさかっ!畳んで入ってるの?!

何れにしても箱を外せばエレベーターに入りそうだから、下で箱を取っちゃうか。と、カッターを取りに戻って、ピーっと開けてみました。

ん?!

マットレスにしては部品が多くない?

なんか部品が必要なの?自分で膨らませるの?としばし考えましたが、よく見ると…黒くて平べったい。

はっ!
…これは…、

テレビ?!

(改めて送り先を見ると、住所も違っていたw)

ねぇ、どうしてこう言う間違い方ができるの?斜め上すぎて、笑いが止まらなくなりました。それに、開けるまで、いや開けてもなお、しばらくマットレスだと思い込んで思いをめぐらせていただ自分自身もおかしくて…w。

解決の早さに感動したけど、失敗はそこではなかった

連絡くれた配送人のスマホに連絡をすると、あー間違えた?と言うことで戻ってくることになりました。

そして20分後。

間違い修正完了!素晴らしい!

うん、こう言うカタチであるべきよねー

普通にエレベーターに載りました。

しかし30kg越えると爆重ですね。ボンさん18kgだと抱えられるけど。ラブラドールとかセント・バーナードとか、抱っこは絶対無理だなぁ。

パンッパンに丸まってたマットレス。ベッドに置いて、真空ビニールに切り込みを入れたら、ブッシューーーーーー!!!!とすごい勢いで空気を吸って、ブワァーーーーーグォーーーーーと、あっという間に勝手にマットレスの形になった…オオゥ、ワンダホー……(なんか、これも笑ったわw)。

全体的に面白かったので、いつも楽しい夢が見れそう♪と言う予感がしたけど、今朝は、腰が痛いですw。ダメじゃん!!!

そうして気づいたのです。凹みの原因はマットレスではなく、ベッド本体であることに(夫婦揃って何やってるんでしょうね)。ベッドの台座?床板?が金属の網状なんだけど、そっちのコイルが弱っていたので、どんなマット載せても凹む仕組みw。…今、ベッドを検索中です!

配達人も注文人もポンコツw。

Auguri!
Auguri!

今週末(1月23日)は、2022年初レッスン!
伝統菓子のバーチ・ディ・ダーマと簡単で華やかな鴨と柑橘のひと皿、ほか1品を予定してます。

お気軽にご参加ください♪お待ちしてまーす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました