行列のできる噂の極旨パン屋さんへ!ーモンレアーレ町歩き②

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

イタリア総選挙のメローニ率いるFDI &右派チームが勝ちましたねぇ。

フランスの首相が「イタリアの今後の人権問題を欧州とフランスは注視する」と即座にコメントを出したり、選挙前には欧州議長のヴォン・デ・ライアンが「イタリアの選挙がうまくいかない場合、欧州にはツールができている」(←批判殺到)などと、発言してたのも気になりますよ。

日本で報道されるときに、真っ先に「女性初の」がくるのにイラっときてますw。大事なのはそこじゃないでしょーよ、ねぇ。ちなみに、上の2人も女性ですよw!

欧州の分裂は、ロシア・ウクライナをめぐる状況をより不安定にさせるし、移民政策に厳しいと在住の外国人にも影響が出るので…その辺がちょっと心配だなぁ。

また改めて、イタリア事情はご紹介しますねー。

モザイクの町で

さて、世界遺産の黄金モザイクの大聖堂があるモンレアーレ散歩の続きです。

泣き虫ボンさんを連れて、大聖堂そばのモザイク工房にお邪魔しました。

何気なくモザイクの町モンレアーレ。伝統のモザイク職人さんが代を継いでたりします。

ガラスや石、陶器などをカチカチ割ってひとつずつ詰めていく…ちょっと習いたい!と思ったけど、弟子は取ってないそうで、ちょっと残念(かもw)。

モンレアーレ訪問の目的は、パン!

モンレアーレは、モザイクも有名ですが、パンが美味しいことでも知られています!

パレルモの美味しいリストランテが「モンレアーレから毎朝焼きたての窯焼きパンを持ってきてもらうんだー」と自慢したり、うちの近所の厳選スーパーが「今日は、モンレアーレからきてるわよ」などとオススメしてくれたり。

賞を取ったとか、DOPだとか、(参考にならないけど)有名人が紹介してたとか、そういうのでは全然なく、暮らしの中に紛れて魅了した極ウマパン。

素材がどーのというより、伝統の技と窯でしょうかね〜。

前世が小麦だったんじゃないかと思うくらいのパン好き夫ピンキーも、すこぶる気に入っておりまして、ナポリの自然酵母パン、バイバイブルースのユキさんパン…(これ▼)と共に、

”止まらなくなる系ランキングにランクインしています。←それこそどうでも良い情報w。

美味しいパン情報を地元の人と窓越しに交わす…パン好き夫

ここのところ、近所の厳選スーパーに行くたび、「今日はあった」「今日はなかった」といちいちうるさいwから、よし、ここはひとつ現地に行って、好きなだけ買おうじゃないか。となったわけです。

地元の人が並ぶのもわかる!パン作りの誇りを感じさせてくれる店

そうして迷路のような路地裏を抜けて、目的のパン屋さんに着くと、

地元の人が多いのが美味しい証拠ですなー

行列してました!

香ばしい焼きたてのパンの香りに包まれながら待ち(幸)入った店内には、焼かれ立てのパンたち♪

飛ぶように売れていく〜

キャッキャとはしゃぐピンキー(夫)がお姉さんたちにアレコレ相談し、「日持ちする」タイプを必要以上に購入しました。

たかがパン、されどパン。

パンひとつ(ひとつじゃないけど)買うだけの一見さんの相談に、真剣に答えてくれる様を見て、すでに美味しいのがわかった気がしましたよ。

家族が生業にしてきたパン作りの伝統と誇り。こういう店では、コストダウンのために何か混ぜるとか、そういう不正は起こらないだろうなぁ。愛があるわ、愛が。とか言って、満足して表に出ると…。

楽しみすぎて、待ちきれない!

ピンキー(夫)が動かないw。

リードを引っ張っても動かない犬みたいにしてるので、どうしたのかと思ったら、

「家に帰るまで、待ちきれない!」と…(子供かっ!)。

すぐ食べられるヤツも買いたいと言うので許可を出し、ウキウキ買ってきたミニサイズのパニーノがこちらです。

アンチョビとトマトとオレガノとオリーブオイルがシンプルに挟まってます

店頭に用意されたテーブル席でご賞味!こういう「待ちきれない!」人のために用意されているテーブルなのか?

俺も食べるー

外はサックリ、中はモッチリ。パン屋さんの隣の家の窓から顔を出すおばちゃんに、ずっと眺められながら、焼きたての香ばしさに包まれました。

パン屋さんの真隣って、朝から晩まで美味しそうな匂いが届いちゃって、むしろツラそうw

軽く食べ終わって気も済み、
やれやれと車に戻ると…

駐禁取られてたーwwww!

ピンキー(夫)、一瞬で奈落w。

焼きたてのパンの香りと駐禁キップを乗せた車で、ヨボヨボとパレルモに戻りましたとさw♪

ではでは、良い火曜日を!
Buon martedi!

↓良かったら、奈落のピンキー(夫)をポチポチッと応援してねw♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました