パレルモのディープ過ぎる”ザ・下町”ブッチリアの楽しみ方

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

パレルモ守護聖人のサンタ・ロザリア祭り真っ只中のパレルモですが、今年はパーティをやらずに下町で過ごしました!

やるとは言ってないけど、やらないとも言ってないため、朝から「今年はどーすんのー?」というお問合わせ電話がひっきりなしにピンキー(夫)にかかってきて、「誘われてないんから、ないんだな…」とは思わないイタリア人のポジティブな国民性?性質?をまた知ったりしましたw。

昨年の18世紀の貴族ゴッコで上から下々の者を眺めるのだホホホなパーティと打って変わり、今年は下々の者に紛れ…る前に退散。だって、疲れるんだもんw。それにしても、夏の下町ブッチリアの濃厚さは、観光スポットとしても十分興味深いものだと、これまた改めてしみじみしましたよ。



濃厚過ぎて笑っちゃう!パレルモのリアル下町ライフ

日本から来ていた友人を誘いブッチリア市場のトラットリアへ。大変お世話になっている、いつものダ・トトです。

テラス席(というより路地席)がある路地は、下町生活ゾーン。パレルミターニ(というよりブッチリアーニ)のガチな日常が垣間見られます(というより生活の中に紛れ込む感じ)。

日常的買い物シーン。

籠やバケツ(専用のバケツがあるのだ!)をロープで吊るし、下にいる誰かに「タバコ買ってきてー」とか「トマト買ってきてー」とか頼むわけ。昔のイタリア映画で見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、今も普通にこうやって買い物します。

だんだん夕暮れてくると、近所の女子たちが気合を入れた格好でワラワラウロウロ。気が強そうだけど美人ばかりで驚きます。

ノーヘル親子のスクーターは通るは、そこそこ大きい車もひっきりなしに通るわ。

無理だろう!と思いきや、近所の人が誘導。運転技術もあっぱれです。

まったく落ち着きませんが面白いw。この路地拠点にびっくりサイズの大型犬も何匹かフリーで居住しているので、ボンさんは決して連れてこれません。カメラ目線のミニワンコはご近所の飼い犬。

パレルモの下町エリアはあちこち点在してますが、さらに濃厚になるから…ブッチリアは観光客も比較的行きやすいとも言えます(ただし本当にお財布・スマホは気をつけて)



家族経営のトラットリアは盛りが雑だがウマイ!

「いつもの感じでテキトーに」とオーダーするとテキトーに出てくる前菜。酢漬けアリーチ(←大好き❤️)やカジキマグロの分厚すぎる生カルパッチョベッカフィーコなどなど。

量がおかしいパスタ群。1皿200gくらいですかね…。

定番カレッティエレとナスとカジキのトマトソースが旨味と甘みがガッツリ来て美味しい。

おまけ:カレッティエレは、歴史を知ると余計美味しいデス。

簡単すぎるのに美味すぎる! シチリアの誇る郷土パスタのレシピ | 気になる世界の街角から
パレルモの下町グルメのひとつが、“シチリアの馬車引き風パスタ”。「お金がなくてもおいしく食べたい」という馬車引きの工夫から生まれたパスタで、イタリアンパセリの爽やかな香りとパンチの効いた生ニンニクが絶妙! こちらの絶品パスタのレシピを紹介!

ブッチリア市場の炭火エリアはカオス

ストリートフード流行りですっかりメジャーになり、店もテーブルも増えたブッチリア広場。

これはまだ宵の口…なので空いている方と言えます。

止まるのも憚られるカオスからメインストリートのコルソ・ヴィットリオ通りに出ると、まだ嵐の前の静寂…がそこにありました(↓これは静寂と言う)。

365日オープンの”ブッチリア・キング”ロッキーさんの屋台↑。パーネ・カ・メウサ(内臓バーガー)を食べるならココが好き。

去年の様子(コルソ・ヴィットリオ通りの嵐マックス状態の風景も)。

家の中でバレエ?!リアル18世紀気分でサンタ・ロザリア祭2018!
さて、そんなわけでパレルモ夏のメインイベント、サンタ・ロ...

祭りが終われば…さあ、夏が始まります(もう始まってるけどね^^;)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました