停電からスタート?!サンタロザリア祭2018

さて、そんなわけでパレルモ夏のメインイベント、サンタ・ロザリア祭2018が終わり、いよいよ夏本番!なパレルモからパーティ本番の様子をお届けします♪

ほうほうのていでなんとか準備を終え、

美しいバレリーナの踊る姿に驚くボンさん</br>サンタ・ロザリア祭2018
どうも皆さま、ボンジョルノ( ´Д`;)。 あっついですねぇ〜。 日本は40度もあるとかないとか…。 怒涛の週末中のパレルモも、 ...

ボン先輩も準備万端で、本番スタート21:00を迎えました。

今夜は#パレルモ の守護聖人サンタロザリア祭の前夜祭シンボルがバラということで...#ボン先輩 もすっかりその気w。Viva Santa Rosalia!#詳しくはブログで #雑種犬 #雑種犬大好き #いぬのいる暮らし #元保護犬 #シチリア #守護聖人 #festino2018 #santuzza #palermo #sicilia #santarosalia
ボン先輩のインスタグラムより

サンタ・ロザリアのシンボルは、ピンクのバラ…。

そして、21:00前から続々と人々が集まり…、
てんやわんやの中…
突然…

バンッ!という音ともに、

停電

になったのでした。

大笑い!いや、あり得ないw!

ブレーカーが落ちたのかと思いましたが、街を見ると部分的に暗い。なぜか部分的にw停電になったのです。祭の夜に…w。もともとロウソクの灯をメインにする予定だったので、大きなダメージはなさそうでしたが…困ったのは、

日本から来てた友人たちが、アペリをしてた店に閉じ込められている!

という一報。あああ…。

慌ててお店に向かうと、冷房も止まった暗い店の中に、友人たち含めぎっしりと人々が閉じ込められているのでした。無銭飲食防止のために、店の出入り口を店員さんたちが出入り口を固めてたのです〜。

なんとか救出し、会場に向かうもやっぱり暗い。18世紀の貴族ごっこが、かなりリアル感を増してしまいました…。こんな状況をむしろ楽しんでくれていた友人たちに感謝しきりです。

エネル(電気会社)や市役所に電話するだとかなんだとか、もめているうちに唐突にバシッと電気つき(本当に不測の事態が起こりすぎなんですよーイタリアはー><!)、30分遅れでパーティはスタートとなりました。

パーティーは、毎度おなじみPotluck(持ち寄り)スタイル。会場は壮大ですが、ホームパーティなので…。巨大アランチーナ40個wや、インサラータ・ディ・リーゾ、カポナータ、スフィンチョーネなどなど、それでもパレルモっぽい料理が続々と。

写真撮る間も無く…いきなり、消費w。さすがパレルモ人www。

バラの花を飾った人たちも続々と。パレルモではこの時期、バラの花飾りを売ってますw。

サンタ・ロザリアに似てるw。

ボンさんもお友達も続々と❤。

with my friend @bonny0222 🌸🐕 #tizianella & #bonchan

A post shared by Tiziana R. Pantaleo💎 (@tizianar_) on

日本人の友人女子たちはイタリア人たちより華やかなに会場を盛り上げてくれました。一部、求婚されていた女子もありw。

そうして全体的な遅れモードに合わせて、メインステージもスタート。

あー美しい。

もう、ほぼほぼドガの絵画の世界です。

友人が取ってくれた動画をお借りしてアップしてみましたので、動くバレリーナをご覧あれ!

壁のロウソクは、本物。
ロウソクの灯のもと、ピアノ生演奏でバレエ…。200年前もこんな感じだったでしょうか?

大サロンの半分をステージに。半分を客席にしましたが、この日は灼熱&湿気満載。皆さん、汗だくになりながら美しい姿を超絶間近に魅入っていました。

近いってこんなに近い!

まさにかぶりつき❤。

あとは巨大山車が通過するのを待つばかり。8世紀に建てられたこのパラッツォには、山車を見るため(だけ)に造られたバルコニーがあるので、そこにずらりと並んでかつての貴族風に、ワイン片手に、間近に眺めてやろーじゃないか。っていうのが今回の企画趣旨だけに…通ってもらわないと困るんですが?なかなか通らない、山車よ…。

毎年24時前後には通るのですが、停電騒ぎの影響か、結局通過したのは深夜1時半頃でした。

あーやっときたー!

今年はなんだか白っぽい〜。

そうして…このあと海岸で行われる花火大会に移動する人、寝る人いろいろのなか、完全にお開きなったのは…3時。歩くのもままならないほど疲労困憊でしたが、なんとか無事(?)終了。

バルコニーは、そうはいっても1750年製。100人近いお客様が並んだら、落ちるかも…なんて心配したりしなかったり。何はともあれ、皆さんをご無事に見送ることができて良かったです(涙)。

なんだかものすごーく前評判も後評判も良く、地元新聞やテレビ局も取材に来たいと言ってくれているので、来年もやります!多分!