石造りの家は、床が冷たい!ボン先輩の冷え防止策

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

今日は12月8日。イタリアは祝日です。

本格的にクリスマスシーズンに入りますよー。

でも…なんだかシロッコ(アフリカからの熱い風)で車は汚れるし(サハラ砂漠の砂が飛んでくるよ♪)、もんわり暑くて、ちっともクリスマス気分になりませんw。←好きです、南国!

外はポカポカ、春の陽気のクリスマス…

ポリテアマ劇場にもツリーが飾られましたが、まだまだ春ですか〜みたいな陽気。

うっかりした(?)観光客は半袖ですよ…。

パレルモ人は寒さに弱い人が多いので(心の準備不足のため)、ダウン着てる人もいるんですけど。

体感温度は人それぞれ。外を歩く人の服装を眺めて自分の服装を決めるのが、なかなか難しい季節ですw。

ワンコたちにもまだまだ過ごしやすい季節

モッフモフじゃないワンコたちも、まだまだ余裕でいられます。

「ロバ?君はロバなの?」最近のボン先輩の好みはロバ

ベルギーでは、どのワンコもだいたい洋服を着てました。

イタリアングレイハウンドやチワワとかピンチャーとか、それでなくても小柄で細身のワンコたちは、お散歩中もガタブルで気の毒でしたが、犬も住んでいれば慣れるんでしょうか。

「私はロバじゃないわよっ」

パレルモでも、秋田犬やシベリアンハスキーをよく見かけます。夏はハァハァしてちょっと辛そうですけどね…。

ボン先輩なりの冷え防止策

ボン先輩もパレルモ犬らしく寒がりなのは、皆さまもご存知の通り。

外は、まったく問題なくて、老後は是非パレルモにってなもんですけど、家の中がね…。特に、床がっ!

石造りの家は、夏は太陽を入れなければ夜の冷気を昼間もキープできて冷房知らず。エコだし電気代かからないしで、素晴らしいんですけど、冬は冷蔵庫みたいになります。

それでも太陽が降り注ぐ部屋は、それなりにポカポカしますが、床が問題です!

足元からの冷気が骨身に染みる…。厚底のスリッパが必須です。

日本で買った可愛いらしい底の薄いルームシューズの裏にビーチサンダルの鼻緒を切って貼り付けたことあるわ〜w。

今朝のボン先輩w。

床に直接座るのはちょっと…

気づいたら、赤い椅子の上にあった薄クッションを、いつの間にか敷いてましたwww。

かしこーい!

あ、今週末から雪が降るらしいピエモンテのチンチアさんのクリスマス料理レッスン、12月18日(日)19時〜に設定が決まりました!また詳細お知らせしますね。今回もトルテッリー二か、初のラザニアか…手打ちパスタを作る予定です。

どうぞ冷えずに良い木曜日を!
Buon giovedi!

↓よかったら、冷え性のボン先輩をヨシヨシ撫でて暖めてあげてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました