犬連れバカンス第2弾!浮かれてやや宙に浮くボンと鶏肉呼びに怒るボン

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

イタリアの夏のバカンスは、1回のみならず。だいたい2回ないし3回は行くもの(と、周りを見てると感じます)。ちょいちょい島に行ってる人もいれば、しばらく島から帰ってこなかったと思ったら、今度は山からおりてこない人とか。まー学校が始まるまでは、そんな感じで何かと人が揃いません。

もちろんどこにもいかない人もいます(今年は半数くらいがバカンスを断念とデータが出てましたが、国内旅行者の水準がコロナ前に戻ったというニュースもあり、よくわかりませんが追求してません。暑いから。)

我が家は犬中心型。できるだけ夏の間はボンさんが海で遊べるように…さんざん島で過ごしましたが、夏の終わりにいつもの宿(※)へ。

※昨年、島行きを断念して長いこと過ごしたボン先輩も好きな宿。

2020 シチリア〜俺のロングサマー
「2020 シチリア〜俺のロングサマー」の記事一覧です。

ということで、バカンス第2弾!夏の終わりの俺のオリーブ日記です♪

今年の夏はグリーンパスで満室御礼?!

「また来たよー開けてー」

ここの何が良いって、ボン先輩がすこぶる慣れていること。オーナーさんも友達で、めちゃくちゃボン先輩に協力的(犬連れ旅はもうこれに尽きる)。

昨年はほとんど貸切だったけど、今年の夏はずーっと満室で空くタイミングを待ってたくらい。ワクチン過信しすぎもアレですけどねぇ、「グリーンパスあれば、いいよ」と言われれば動きますよねぇ。イタリア人、フランス人、ドイツ人、オランダ人などなどで埋まった敷地に、唯一の日本人と犬が加わったオリーブの宿です。

※キッチン付きのレジデンスで、他の宿泊客とは接点がまるでなし。



草木がいっぱい爽快で、やや宙に浮くボン先輩

「わーい、自由だ〜!」

浮かれて着地する前に次の足が出て…ちょっと浮いてる。

収穫間近のオリーブの木々には実がたわわでちょっと重そう。ブドウの収穫も最盛期(白ブドウはもう終了)。夏と秋の狭間にあるシチリアです。

ずっと笑顔のボン先輩♪



鶏肉、鶏肉言ってたら、怒られたよ〜

行ったらダメなとこ、自分の居場所をお分かりになっていて、改めて教えることもなくホントーに楽チン。1年ぶりでもしっかり覚えているもんです。部屋の中ではソファの角。

ところで、島のヘビーなスイムでちょっとシェイプしたボン先輩ですが、筋肉質の腿がどうも鶏の骨つきモモ肉に見えて仕方がありません。

「え?俺の後ろ足のこと?」

いやー鶏だわ、グリルしたら美味しそうだわ、クリスマスだわ。とペチペチしてたら、

すごいムッとされました。

「俺は鶏肉ではない!」

誇り高いシチリア犬だな。

夏の終わりのプチバカンス、続く♪

どうしても一緒に海に入りたいボン先輩【ボン動画】
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ 夏と秋のはざま、お天...

コメント

タイトルとURLをコピーしました