ピエモンテ夏の終わりのお庭バーベキューと簡単野菜料理

というわけで、子猫の鯖君と遊ぶ合間に食べたいろいろ。

我輩は猫である。名前は「鯖」である。
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ そんなわけで、美子猫...

ピエモンテ人も大雑把?!野菜の名前はざっくりです

アスティの朝市にて。

いろんな葉物が一括”レタス”として売られてました。

北イタリア人であるピエモンテ人は南イタリア人と違い、時間に正確だし几帳面なところもありますが、それなりにざっくりしてますw。ローマでも「インサラータ」とまとめて売られていたなぁ。シチリアの市場はどうだっけ?(←大雑把な日本人もいる)

一方、こちらの潰れたカタチのペペローネは”Peperone tumaticot”とちゃんと表記。

普通のペペローネとは違う古代種なんだそうですよ。でも、買うときはまとめて計量した上、焼くときも一緒。

そして、グリルのオイル漬けにした後も一緒。で、もはやどれが古代品種か不明w。味で判別せよ。とのことでした(やっぱりざっくりしてるw)。

野菜の甘みとEXVオリーブオイル&ニンニクだけで調理してますが、味が濃くて美味しい!

こちらはチンチアさんの畑で取れたナスとズッキーニのグリル。

ナスはミントで、ズッキーニはオレガノで(ハーブもどちらも自家菜園から)。グリルしてEXVオリーブオイルとハーブ類と和えるだけで、味わい深い一品になります。野菜が新鮮だからか…。

夏の緑のお庭でバーベキュー

野菜類は、先に作っておいたお庭バーベキューの付け合わせ。保存も効くし、持ち寄りバーベキューのときにもオススメかもですね。

チンチアさんがサクッと作ったマイアーレ・トンナートも。ヴィテッロ(子牛)の代わりに豚肉で作ってますが、保守的な地元のガチ・ピエモンテ人の友人たちにも好評でした。

骨つき豚肉や牛肉の塊、サルシッチャがガンガン焼いて。

暗闇でがっつりいただきました。暗闇バーガーも大概暗かったですが、こちらも暗闇バーベキュー…。食べやすいのが救いw。

ピエモンテ郷土料理と夏の夜の暗闇文化

伝統のアニョロッティ・デル・プリンを作るキッチン。プリンはデザートのプリンではなく、プリン♪と手でつまむというピエモンテ方言です。

石臼引きの小麦粉で作ったアニョロッティをバターとサルヴィアで。

ロビオーラ・ディ・コッコナートカルネ・クルダのゴルゴンゾーラソース

食文化がシチリアとは完全に違う…各地の郷土料理が個性的。イタリアの面白さですな。

でも夏の暗闇文化は同じw。

とあるお店で飲んだボナルダのフリッザンテ↑。シュワっとした赤もいろいろあるもんです。期せずしてブラインド・テイスティングになって、味覚が鍛えられます。

続く♪

鯖(子猫)を釣ってみた!
子猫に夢中話続行中です♪ 気まぐれ...

コメント

  1. しんしん より:

    どれを見ても「食べたい」という文字しか浮かびません!!
    ロビオーラ、上にのっているものが気になります
    グレーベージュのプリン、絶対美味しいだろうな~。
    豚のトンナート、ヒレ肉で真似したい・・・ん?トントンナート(笑)

タイトルとURLをコピーしました