犬もなるからご注意です!ギックリ腰やギックリ腿

というわけで、昨日、
ギャンッ!
と悲鳴を上げたボンさん。

ボンさんの新しい友達…からの負傷?
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ ボンさんの新しい友達...

本人的には平静を装っていましたが、ニュカマーのキリンさんや愛するポリポさんを近づけても、「うーん…」と顔を背けるので、

これはただ事じゃない?!
骨折レベル?!

と、アタフタ獣医さんに電話してみました。



飼い主に似過ぎ?ボンさん初体験のギックリ腿

獣医さんに電話口で説明すると、「うん、それは、コルポ・デッラ・ストレーガ Colpo della stregaだね!」と。

コルポ・デッラ・ストレーガ

直訳:魔女の一撃

意訳:ギックリ腰

コルポ・ディ・ストレーガは腰限定ではないので(ギックリ首やギックリ背中もある)ギックリ腰と訳すのは、ちょっと間違えなんですが、かといってただの「ギックリ」ってのもアレw。

まあ要するに捻挫や筋肉の損傷など、ビックリ急に起きた炎症ってことですね。

ああ、ブルータスよ、お前もかっ!

いくら飼い主に似るとはいえ、そんなところまで似なくてヨロシ。

そう、飼い主は何度もギックリ腰やっちゃってます。去年もやっちまいました。

ギックリ腰はイタリア語で”魔女の一撃”と衝撃の体力年齢
ギクッとギックリ腰をやりましてから本日3日目。 ...

日本語を話せないピンキー(夫)が「ビックリ腰」だと思ってたこともありましたwww(確かにビックリするからビックリ腰でも良さそう)。

さて、ボンさんはどこをギックリしたかといえば、腿。

ギックリ腿…。

「ガーン…ショックすぎて目の下にクマできたわ…。」

足首、膝、腿、腰などの怪我は、小さいワンコちゃんや猟犬系にはあるあるらしいですね。高いところから落ちたり、足場の悪いところで挫いたり、おもちゃ取り損なったり(←これこれ)。

とりあえず消炎剤を3日ほど飲みまして、改善の兆しがないようだったらレントゲン。ということになりました。

そして、「寒くなってきたし、そろそろ良い年齢なので、朝イチで飛ばすようなことはしないように。」と…(´ω`;)。

ボンさんも、良い年齢かぁ…。

遊び方を少し変えないといけませんね。あとはもうちょっと走る機会を増やさないと。

「俺のカッコイイ腿は、しばしおあずけだよ」

ご心配おかけしてスミマセン^^;。メッセージありがとうございました。

大事をとって動きを禁じておりますが、昨夜、消炎剤を飲んだら、もうすでに元気。

回復力はまだお若いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました