ボンさん、”ギックリ腿”だそうです

というわけで、昨日、

ギャンッ!

と悲鳴を上げたボンさん。

ボンさんの新しい友達…からの負傷?
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ ボンさんの新しい友達ですヽ(´∀`)ノ。 日本からやってきた(多分)キリン。 ...

本人的には平静を装っていましたが、
ニュカマーのキリンさんや
愛するポリポさんを近づけても、
うーん。と顔を背けるので、

これはただ事じゃないかも?!

ポリポさんにソッポ向くなんてっ!
やっぱり骨折レベル?!

と、アタフタ獣医さんに電話すると、

「うん、それは、コルポ・デッラ・ストレーガ Colpo della stregaだね。」

コルポ・デッラ・ストレーガ

直訳:魔女の一撃

意訳:ギックリ腰

過去になんどもギックリ腰は話題にしておりますので、昔からブログを読んでくださっている皆さんは、きっとご存知でございましょう。飼い主もちょいちょいやるヤツです。日本語を話せないピンキー(夫)が「ビックリ腰」だと思ってたヤツです(確かにビックリするからビックリ腰でも良さそう)。

ああ、ブルータスよ、お前もかっ!

まあコルポ・ディ・ストレーガは腰限定ではないので(もちろんギックリ腰もギックリ背中やギックリ首もある)意訳:ギックリ腰はちょっと間違えなんですが、かといって、意訳:ギックリってのもアレかな、と。

要するに捻挫や筋肉の損傷、
急性炎症ってことですね。

ボンさんは、腿です。

ギックリ腿…。

「ガーン…ショックすぎて目の下にクマできたわ…。」

足首、膝、腿、腰などの怪我は小さいワンコちゃんや猟犬系にはあるあるらしいですね。高いところから落ちたり、足場の悪いところで挫いたり、おもちゃ取り損なったり(←これこれ)。

とりあえず消炎剤を3日ほど飲みまして、改善の兆しがないようだったらレントゲン。ということになりました。

そして、「寒くなってきたし、そろそろ良い年齢なので、朝イチで飛ばすようなことはしないように。」と…(´ω`;)。

ボンさんも、良い年齢かぁ…。

遊び方を少し変えないといけませんね。あとはもうちょっと走る機会を増やさないと。野良犬さえウロウロしてなかったら、一緒に走る気も起きるんですけどなぁ。特に海浜公園とか、ボス犬がいるからなかなかピンキーなしでは行けないのです。怖くて。

「俺のカッコイイ腿は、しばしおあずけだよ」

ご心配おかけしてスミマセン^^;。メッセージありがとうございました。

大事をとって動きを禁じておりますが、
昨夜、消炎剤を飲んだら、
もうすでに元気。

回復力はまだお若いようですw。

* * * * *

今年は動画付き♪で現地の様子をヴァーチャル体験
シチリアツアーレポートまとめ


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする