ぎっくり腰はびっくり腰…そして衝撃の体力年齢

ギクッとギックリ腰をやりましてから本日3日目。

ラジオ体操からの寝たきり生活2日目
どうも皆さま、ボンジョルノ〜〜(´o`)〜。 長め...

昨日から、こちらにお世話になってます↓。今、この真ん中の青い人な感じ。早く緑色の人になりたいもんです。

この薬は、いわゆる湿布薬。



ギクッとビックリするからビックリ腰でも良さそう

ところで、ギックリ腰はイタリア語で、Colpo della strega コルポ・デッラ・ストレーガ。直訳すると、魔女の一撃です。魔女の仕業とは、さすがの他力本願思考ですね。

その点、ギクっとなるからギックリ腰とは、なかなか自省的で良いネーミングです(いや、語源は不明w)。生後、初めてギックリやった時はヨガ中でした。「あらやだ、ほんとにギクッ!って言うのねー」としみじみ感動とたいそうな恐怖に慄いたことを、今でもハッキリと覚えていますよ。

だって、腰の骨が折れた?!と思ったんだもの。

このまま車椅子生活になるのか…。1ミリも動けないまま、しくしく泣きました。…治ってよかったです(涙)。

あの時…ピンキー(夫)は聞き違えて「ビックリ腰」だとしばらく思っていたようですが、まあたしかにね。ほんっとビックリするから、ビックリ腰でも良さそうです。



相談者の年齢に再びビックリw!

さて、本日でビックリ3日目

ヨボヨボ歩きの速度が早まってますが、でもでも、やっぱり座れない><!ちょっとー治りが遅すぎやーしませんか?

ぎっくり腰とはいえ、ラジオ体操途中の斜め状態でのギックリ。何か一般的なぎっくり腰とは違うのか…?!

虚弱な上、極度なビビり体質…。不安にかられグーグル先生に「ギックリ腰、ラジオ体操」で聞いてみると、”知恵袋”に似たようなケースを発見しました。

そっかそっか、ないことではないんですねー(ホッ)。とよく見たら、

投稿者が73歳!

ヤバい…体力が…アラ…、

あれ?
アラサー、アラフォー、アラフィフ、
アラカン…えっと、
70代ってなんていうの~ww?!
アラセブ?

お肌年齢が実年齢より上だと期待はずれでショックだけど、体力年齢の場合は将来への不安しかない。これこそ魔女に一撃くらった感じでクラクラしましたー。クラッタ腰〜。

治ったら、体幹トレーニングとストレッチを真剣にやっていこうと思います!治ったら…治ったら…あああ。

で、70代はアラ何なんだろ?

コメント

  1. accaesse より:

    60代がアラカンなら、70代はアラコキ?
    これ、数え年で言うんですね~
    とっくに到達してた・・・知らなかった

    若い頃(何歳のことか?)けっこうギックリ腰を繰り返していた私ですが
    最近ではまったくナシ。ポイントはたぶん、無理なことをしない、自分の好きなことをする。今も週2回バドミントンに行ってます。本当は大腿筋や腹筋の運動を続けたほうがいいに決まってますが「根気強く続ける能力」がほぼ皆無!なので、痛めたと思ったら泥縄でストレッチと筋トレをして又バドミントンに行く、という事の繰り返し。
     で、経験から言うと、すごく痛いときはストレッチをして少し軽くなったら(整形外科でもらった痛み止めも飲みます)腰痛体操がおススメ。病院で教えてもらったやり方のほんの一部を利用してます。ネットで見れば色々出てくると思いますが、肝心なことは自分に合いそうなものを一つ二つでいいから続けてみる。全部やろうとするとストレスになるから(って、私だけ?)

    • sawabon より:

      >accaesseさま

      アラコキか、なるほど。アラカンの流れならアラコキですね。
      週2回のバトミントンなんて、すごい!スポーツしながら、自然と大腿筋や腹筋が鍛えられてるのではないでしょうか?インナーマッスルも。
      そういうのがいいですよね〜。スクワットだけとかだと飽きて、続かない・・・。あとはジムにイケメンがいれば。。。などと想像しますが、イケメンの面前に出るためには、まずダイエットを…とか言っててなかなか行けないのです(ジムにイケメンがいるかは不明ながら)。

      ネット検索しまくって、仰向けで膝を立てて左右にゆっくり倒していく…をやるとたちまち治る!みたいなのを見つけましたよ。これと、あと他にもいくつか組み合わせて、朝晩ビクビクしながら(笑)やっております。追い詰められないとやれないので、ちょうどよいというか。痛みが治っても忘れないで続けるようにしないと!(←本気)

  2. NT より:

    私はギックリ腰をやって青い人状態の時に人から「ギックリ腰?」って聞かれると
    「違う、十二単を着た時の歩き方の練習をしている」と答えて居りましたわ
    イタリアの皆様にもギックリ腰は雅な病と教えて差上げて下さいな(笑)
    どうぞ無理なさらずにお大事に。
    ギックリ腰は癖になるので治ってからも注意なさって下さいませね。

    • sawabon より:

      >NTさま

      十二単wwwww。優美ですね。イタリア人、信じそうw。
      腰も曲がっちゃってて、家の中では杖っていうかホウキの枝をついて歩けましたが(←ピンキー(夫)に、「老後の練習になるね!」と励まされました^^;)、ソロソロ歩きで外出がなかなかお恥ずかしくて。次回は、その手でいきます。はっ!っていうか、次回なんて!ない!!(事を祈る)。
      おかげさまで緑の人になりましたが、気をつけます。。。

タイトルとURLをコピーしました