Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まあまあ美味しいwこだわりバーガー@パレルモ

お申し込み絶賛受付中!

ここ数年、地中海に浮かぶ…
日本から見たら地球の果て(裏側とも言う)のような
シチリア島の州都パレルモにも、
入りやすそうな可愛らしい英語通じそうな、
要するに普通っぽいお店が増えてきてますw。

世界入りにくい居酒屋も良いですけど、
なんでもない平日のランチなんかには、
あんまり気負わずに入れる店の方がウレシいもの。

女子3人のランチでお邪魔した…トリターロ。
「鶏太郎」ではないので、焼き鳥屋ではないです。
しかし、脳内のイメージが、
どうしても「鶏太郎」になってしまうのは、
日本人のDNAのなせる技か。。。
イタリア語的には、「ひき肉屋」。

ひき肉太郎は、
つまり、ハンバーガー屋さんですw!

なんかめちゃめちゃ素材にこだわっているらしく、
メニューの説明が長いのが特徴。

◯◯産のなんちゃら牛がー
△△で飼育した豚のなんとかの部分をー

って…ヤバい。何一つ覚えてません・笑。

かろうじて覚えていた自家製ポテトチッブのお芋は、
オランダ産(簡単w)。
4つのソースをつけながらいただきます。
ソースは…、

自家製ケチャップ、自家製マスタード、
自家製マヨネーズ、自家製黄色トマトのソース。

ハンバーガーもいろいろで、
なんとか豚のなんちゃらがどーとかこーとかの
こだわりのハンバーグにペコリーノチーズ…の、
「ペコリーノチーズを抜いて」と友人がオーダーし、
もう一人の友人は、バッカラのバーガー。
ひき肉自慢だって言ってるのにw。
ぜんぜんオススメを聞いてあげてなくてかわいそうw。

なので、私はスタンダードな感じで、
シチリア産のなんちゃら子牛に、
カンパーニャ州のモッツァレッラに、
バジリコのフリットが乗っているこちらをオーダーしてみました。

思いやりで。

 

バーガー到着!
え!…地味www!

半分に切ったところ(食べかけではない)。
  

切っても地味。

お味の方は、まあまあ美味しかった!です。
ほかのなんちゃら豚やなんとか牛を食べてないので、
まだ判断には早いですが、
まあ、何と言ってもパレルモのハンバーガーと言えば、
FUDが美味しいなぁー。

グルメなシチリア人が熱狂中! 人気バーガー店がパレルモに登場 | 気になる世界の街角から
イタリアには、歴史と伝統のパニーノ(日本風に言えばパニーニ)がありますが、アメリカ風のボリューミーなハンバーガーは、ここ数年でイタリア全土を席巻。イタリア最南端のシチリアにも上陸し、食にうるさい島人たちをうならせています。

↑最近、アプリからデリバリーもできるようになったり。
相変わらず人気中。

お店は、地元のパレルモ人でぎっしり。
まあまあ美味しいし、
お店の人も親切だし(ちょっとうるさいが)
値段も普通だし(バーガー1個10ユーロ前後)、
何しろ、近所(←最大の魅力)
なので、多分きっとまた行く気はする…。

もう一回食べてもまあまあ美味しかったら、
ちゃんと素材の名前も覚えて、ちゃんとご紹介しますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました