シニョーラは、朝鮮人参がお好き

冬のテーマといえば、もうこれ一択。
体調崩さないこと…。
気をつけないと体調崩す。ということが、
やっと今さらわかったので、すっごい気をつけてますw。

まー大丈夫だろーと過信&失敗、
トライ&エラーして早ウン10年。
やっと観念しましたよ。頑固っw!

はいはい、もうすっかりオバちゃんですからね。
そういえば、イタリアで「オバちゃん」ってのはなく、
シニョリーナか、シニョーラ。

シニョリーナって呼ばれるのは20代前半くらいで、
それ以降、もしシニョリーナと呼ばれようものなら、
かえって、小バカにされてる印象がなくもないらしいです。

敬意を込めて大人の女性を呼ぶ時の呼称でもある
シニョーラを訳せば…「オバちゃん」ですけども?
(おばさま、マダム、奥さま…いろいろ訳せる)
そう考えると…イタリアでは、
20代後半から(良い意味で)オバちゃんです。

シニョーラは、食生活にも気をつけ、
運動もできるだけしてご自愛しないと…。

化学調味料が苦手なピンキー対策からの怪我の功名
どうも皆さま、ボナセーラ! ブログの更新が一瞬止まりましたが…ぶっ倒れてはいません・笑。しかし…体指を切りましてね(ToT)。包丁で…...

そして!朝鮮人参なんかも追加しちゃいますよっと!

先日お土産でいただきまして、早速お試し中です❤️。
島根県の老舗の農園が作っている安心の逸品とか。

朝鮮人参、初めて飲む。。。
味は、亀ゼリーに似てる。。。
あ、亀ゼリーって朝鮮人参なのかな?

どれくらい続けると効果あるもんなんでしょうね?
春頃、そういえばこの冬は風邪引かなかったなぁ的に、
効果を実感するのかな?


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする