イタリア統一が始まった1860年生まれのマルサラワイン、ハウマッチ?

シチリア西岸グルメツアー③をアップしました!

シチリア西岸グルメ視察ツアー③塩田、カルチョーフィ、古代小麦、黒パン…そして伝説のマルサラ
前回のお話: シチリア西岸グルメ視察ツアー②パレルモの市場食材で日伊親睦⁈怒涛の寿司パーティー 現地リサーチから承ります!お気軽にご相談ください。 イタリア&a ...

 

と、言うわけで…元気いっぱいの皆さまとシチリアの西側の美味しいもの〜を作る生産者さんを訪ねてきました。今回、中でも目玉だったのが、ナチュラルワインのワイナリーさん。

シチリア西岸のワインといえば、マルサラワインが有名です。まー料理酒として知られてますが、本来は…そーゆーんじゃない。って感じで伝統製法で造られるマルサラワインが、今、巷で話題です。

…めっちゃ軽〜くひと言で終わらしてしまいましたが、そーゆーんじゃないったら、そーゆーんじゃない。なのです。こちらのワイナリーの偉業の詳細は、こちこをご参照くださいませ。

 

廃業するマルサラワインのワイナリーから買取り、コレクションしているワインには、100年を越すものもありまして。一番古いのが、こちらだそうです。

1860年。

ひゃ!

1860年といえば、イタリア統一を果たしたジュゼッペ・ガリバルディ将軍がシチリアに上陸した年です。それは、5月11日。しかもなーんと、ここ、マルサラの港から。

ガリバルディ将軍が入港したとき、ゆらゆらと揺れていたブドウがここに入っているとも言えます(多分)。

すごい…なんという記念ボトル。

お値段は、1000ユーロ(今のレートで14万円くらい?)。

…安くないですかね?

 

なーんて話してたら、はい、一本お買い上げ〜♪となりました。

それにしても…そんな大事な年のワインが1000ユーロは安いんじゃあないかと思うんですが、いかがかしら…。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました