イタリアの朝食:極旨ピスタチオのコルネット!焼きたてを立ったまま♪

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

日々、地中海の果てにて和食をめぐる冒険をしておりますが、朝食だけはイタリア式。むしろ、日本帰国時にもイタリア式です。

イタリア式の朝食といえば、カッフェ+甘いもの

カフェイン+糖分で、理にかなってるんじゃなかろうか。

甘いものは、コルネット(イタリアのクロワッサン)やマフィンやドーナツやケーキや…。イタリアのホテルで「朝からお菓子が並んでて、ふざけた朝食しか出ない」などと驚く人もいますけど、それが習慣。

▼ちなみにシチリアの夏の朝はグラニータ。ますますふざけてる感。

爆走モトリーノでサリーナ島の名物店へ!海前グラニータが美味
ボン先輩、木にも登る犬ですが、 モトリーノ...

家だと少量のエスプレッソにバサッとお砂糖を入れて、甘苦く気だるく爽やかにぼんやりしながら飲むだけー。

日本の旅館の朝食はワクワクするけど、毎朝食べろってなったら辛い。思えば子供時代から朝食が食べられず(朝から噛むとか飲むとか無理)、食べないという選択をし続けてきたある日、イタリアの朝食に出会い、晴れて朝食プレッシャーから解放されました。イタリアに住んで良かったことの一つw。

それでもたまーに、チョコレートとかクッキーとかコルネットとか、食べても良いかなって気になったら食べます。

で、朝から噛んで飲み込むのすら面倒とか言ってる私が、わざわざ着替えて出かけて食べようって思うくらいのコルネットがこちらです!



パスティチェリアのサクサクカリカリフワフワのコルネット

近所のパスティチェリアの焼きたてコルネット〜!カリカリサックサクで中はしっとりフワフワ。

熱い視線が気になる…。

向きを変えても、そこにいる…。

単体で撮りにくい…。



中身はナッツ感香ばしいブロンテのピスタチオクリーム

ボン先輩を振り切ってパチリ(食べかけですみません)

ピスタチオが練りこまれた生地の中に、ピスタチオクリーム。本物のピスタチオクリームはこういう色なんですよー。甘さ控え目で香ばしいナッツ感満載!

いや〜シチリアの本気は美味しいなっ!

書いてたら食べたくなってきた…けど、もう夕方なので明日朝にしますよ。

そういえばチンチアさん宅に泊まると、カフェッティエラ(コーヒーメーカー)でナポリの人が怒るような入れ方をしてくれますが、それが…超好みっ!家でもやってます!ピンキー(夫)は…絶対飲みませんがw。今度のレッスンでチンチアスタイルのカッフェももらいましょうかね〜。

帰ってきた本日のイタリア語

cornetto
コルネット
イタリア風クロワッサン
※中身が空のヤツはvuoto ヴォート/semplice センプリチェ
中身入りは con〜 コン〜で、 Nutellaヌテッラ、crema クレーマ(クリーム)、
marmelataマルメッラータ(ジャム)などがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました