深呼吸!空と自然と久々の外ランチ!〜ボン先輩とシチリアの小さな村散歩 ①

どうも皆さま、ボンジョルノ〜♪

ひっさびさの久々のひーさーびーさーに!シチリアの内陸部に行ってきました♪

ホラ…移動できるのがさ、年末からずーっと、家の近所まで⇄お住まいの市内までの繰り返し…だったからさ。やーっと先週から一応、お住まいの州内まで(なら検査とワクチンなしでOK)になりました。

※PCR検査陰性&ワクチン2回接種済み&羅漢済みなら、州外移動もOKです。



シチリア内陸部が極カラフル!

行き先はパレルモから車で1時間ほど内陸部に入った、マドニエ山脈方面へ。

なだらかな丘陵を縫うように走るドライビングロードの両脇は、野花が咲き乱れ…もう目が覚めるような(実際、覚めた)色、色、色でした。

青いシチリアンブルーの空の下、切りたての草の香りと花の色息するだけでアロマテラピー効果がありそう。

そうして「イタリアの最も美しい村々」にも選出されたことがあるペトラリア・ソプラーナへ。

パンデミック直前以来の小さな村にボン先輩と

そこで、ハタと気づく。

あ!パンデミック直前に来た!

コロナ不安を吹き飛ばす!シチリアの爽快な風景と盛りのおかしいパスタ
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ 今日はよく晴れたシチ...

2020年の3月初め。まーさーにイタリアが初の都市封鎖(ロックダウン)!とか初めてドキドキしていた頃ですよ…。

そしてなぜか…パンデミック直後に来るという奇遇。コロナはここから初まり、ここで終わるのか(希望)。

今回は、ボン先輩が初訪問です。

「よし、今回は俺が道案内するぜ!(初めてだけどな)」

「日向は暑いのだ。肉球に気をつけるのだ!」

もう初夏というより、すっかり夏の日差しですよー。



久々の外ランチは地元産のあれこれと絶品サルシッチャ

前回来た時にお邪魔したリストランテに行きたかったのだけど、まだ室内での飲食は禁止。外テーブルのある地元の人オススメのバールで、ひっさびさの外ランチですよ!

地元産のサラミやチーズやらの盛り合わせと、ホロホロの食感に旨味が炸裂するサルシッチャのパニーノ。

バールでこの秀逸さ !やはり、マドニエ山脈は知られざる美味の宝庫と言われるだけあります。あーシチリア、ホント美味しい。



久々すぎて家と外の区別つかないボン先輩

ねぇ、家じゃないんだからやめてよ。

脇の下から「お願いします」。しかも相手はピンキー(夫)じゃなく、その上、猫派の友人。

家の習慣を外に持ち出さないで!
やめなさいっ!

「やめませんっ!」

…めちゃめちゃ強い意思を感じたので、そのままにしておきましたw。

食後、友人のパンツにポツッと濡れた染み

「ぎゃー!ボンがヨダレ垂らした!」と叫ぶと、ピンキー(夫)がすかさず、「ボンはヨダレを垂らさない犬だから大丈夫。それは、濡れた鼻の跡だよ」

もっとヤダよねwwww。

続く♪

ドゥオモと俺と癒される村の風景〜ボン先輩とシチリアの小さな村散歩 ②
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ 昨日は、チンチアさん...

 

帰ってきた本日のイタリア語

sbavare
スバヴァーレ
ヨダレを垂らす
※Bon ha sbavato! ボンがヨダレを垂らした!←答えはNo。

コメント

タイトルとURLをコピーしました