イタリアで眼鏡を買うときは”鼻当て”に注目!〜この夏、買ってよかったもの

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

今夜土曜日「ニュースキャスター7days」という報道番組のワクチンの話題でチラ〜リと出たのですが!ほんの数秒だったはずなのに…連絡が続々ときて驚きました@@!TVの拡散力ってすごいですね…と改めて実感しました。いやー侮れない。あ、人気番組だから?

ならば、(昼間のワイドショーなどは特に)煽ったり、不正確な情報を流してはダメだろっ!などとも同時に感じました。

懐かしい人たちからも連絡がきて…覚えてくれててありがとう!という気分で、今日は「この夏買ってよかったもの」をご紹介します♪

夏のイタリア暮らしに欠かせない!度付きサングラス

「あーーーー買って、ホントよかったっ!!!」と毎日思っているのが、コレです。

度付きサングラス〜!!!

コロナ以来、すっかりコンタクトレンズをしなくなり、感染防御のためにも眼鏡眼鏡〜で暮らしてますが、日差しが強くなって困った…。眼鏡+サングラスってわけにもいかず(見た目というよりかけにくいw)、サングラスするためにコンタクト…も面倒臭い。

ということでオーダーしたわけですが〜超ド近眼なのに(足の指がボヤけるレベル)、なぜ今まで持ってなかったの?と毎日自問自答するくらい、その便利さを享受しています。

特に夏の朝のボン散歩で大活躍。シチリアの朝の日差しをカバーしつつ、寝起きでも遠くがハッキリ見える快適さと言ったら、奥さん!

海にもコレ。潜らないときは、かけっぱなし。減りそうなくらいかけっぱなしの夏。



眼鏡を選ぶときは、まず”鼻当て”があるかどうかから…

ちなみに、ずっと眼鏡なので初夏に新調したとき、ついでにオーダーしたものなんですけどね、主役の眼鏡の方は…。

ひっそりと眠っている…。

マイケル・コースの新作だ!かわいー!似合う!と盛り上がって決めたけど、出来上がってからしみじみ見たら、どうも”違う”気がしてちっとも使ってません。

ところで、平たい顔族には”鼻当て”がマストですよね?ズルズル落ちないように。しかし、欧米産の眼鏡は、彫りの深〜い高い鼻用に設計されているので(当たり前だけど)、鼻当て(鼻パッド)がないものが多めなのです。

テンプル(耳にかける部分)がないレンズ部分だけの眼鏡もあるくらいだからねぇ。鼻の高さは、日本人がトスカーナの丘なら、欧米人はエベレスト。

なので、まずは「鼻当てはあるかしら〜?」から選ぶことになるのですけど、そうすると、ほぼメタル系(セルロイド派なのに)。まー落ちるのが気にならない人なら別に良いかもですが、すごい気になるんですよ…頭痛がするくらい。

新しい眼鏡…落ちなさっぷりはすごいんだけどな。うん、秋冬用なのかもしれない(知らんがな。って話ですね)。

あ、サングラス?セルロイド系ですね、ええ。鼻当てないです。

でも、これは…マスクの上からするので、落ちないという仕組み(大笑)!コロナ禍ならでは!ウソです。なぜか低い鼻でもズルッとこない奇跡のアルマーニ。

9月1日パレルモからマフィアの話だよ!読者割引があるよ!リンクから割引コードをチェックして入力してね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました