Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パレルモでウ○コ警察出動?!あ、犬のウン○です

お申し込み絶賛受付中!

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

こちらボンさんの散歩コースのピアッツァ(広場・公園)のひとつでございます。うららか〜に晴れたシチリアの青空にスックと伸びるヤシの木が、爽やか〜な広場ですけれども〜

…足元の芝生エリアは、ウ○コ祭り…(犬のウ○コ話が続いてすみません)。

昨今、道路のウ○コは減りつつありますが、ほら、ここパレルモだし。

ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ | GetNavi web ゲットナビ
ゴミの分別、……してますよね? 分別が面倒くさかったり、忙しくて収集日に出しそこなったりした結果、ゴミ屋敷化。そんな悲劇も見聞きする昨今ですが、ここイタリアでは、分別の仕方がわからなかったり収集日に出しそこなった時には、そーっと黙って道路に捨てる。そんなことがありえます(笑)。いえ、笑ってる場合では...

好意的に考えれば、「芝生の栄養になる」と考えてワザワザ放置していくのかもしれません。パレルモ人の考えそうなことだ。

でも、あんまりウ○コが落ちてると、拾うのもバカバカしくなったりもんでね…こうやってパレルモらしい悪循環が生まれるわけです。

しかし!先日こんなことがありました。



覆面ウ○コ担当の警察官が登場!

ボンさんが芝生の上で気持ちよ〜く美しいフォルムのウ○コをなさった後、「…どうしようかな。このまま芝生の栄養に…」と悪循環スパイラルに入っていると、こちらを見るおじさん二人。

気になったので一応拾って見ると、うなづいています。

なんだ?なんだ?

話を聞いてみると、なーんとウ○コ放置犯を取り締まる覆面警察官でしたwwwww!

いやーよろしくお願いしますよ!拾うのバカバカしくなるんですよー。なんて文句を交えて話し込んでみると、以前は市庁舎の警備をしていたらしい警察官さんでした。ピンキー(夫)が市庁舎でイベントやったときにもいたそうで、ピンキー(夫)を知ってるというので親近感も沸きまくり。

「市庁舎寒いじゃない?も〜腰が痛くてさ。だから、日が当たって体力消耗しない仕事に変えてもらったんだー」

だそうです。
なんかいいなぁ…平和だわ。

 

井戸端会議に参加するボンさんw。

「俺のウ○コはいつも拾ってもらってます!」

あんまり話が長くなって、ボンさんは不満そう。

「ねぇ、まだ〜?」

「ウ○コ○ンコ言ってないで、早くぅ!」

なぁなぁになることは目に見えてる&いつまで続くかわかりませんが、良い傾向ではないかしらん。

せっかく歴史ある美しい街がウ○コとゴミまみれって、残念過ぎるもの。「中世時代っぽくて趣ある〜」なんて思うのは、多分数万人にひとりいるかいないかぐらいでしょうから…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました