Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

静かに自己主張する犬

お申し込み絶賛受付中!

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

三寒四温の春でございます(ただし2月)。

なんとなく寒そうにしていた我が家の中年ワンコ。冷えはツライね〜とベストを着せてみました。

思いのほか、じーさんぽくて…。
ベストというより”チョッキ感”高い

そんな飼い主の感想はつゆ知らず、「ケ・カリーノ!(かわいい!)」を連発すると、その気になるおじさん。

「俺、カッコイイ」

うんうん、カッコイイね〜w。

「だろ?じゃあ、俺と遊ぶ?」

じーさん、おもちゃボックスからおもちゃ選択。

はあ、今日はフリスビーですか。

「さあ、取れるかな?」

カッコつけてもじーさんっぽくて、一方的に萌えながらひとしきり遊んで放置しておきました。



夕方、ふとボンさんを見かけると…。

え?
着てない?!

裸のおっさんがそこにいました。

「…なんのことっすか…?」

シラを切り通そうとするボンさん。

どこで脱いだのか?
どうやって脱いだのか?

家中を探してみると、

ありました…。
脱ぎ捨てられたチョッキ。

暑かったのかな?

自分で体温調節できるなんて、
かしこーい❤️w。

着せられるときは寒かったし、おとなしく着せられてましたが、あとはお任せできて、なんとなく安心します。嫌なのに無理して着たままでいることもなく、脱がせろワンワンと騒ぐわけでもなく、一人静かに自己主張。

さすが中年、自立してるな。

ボンさんは、しつけ的な事に関しては、叱るとしぶしぶ従う姿を見せたりするそこそこ従順なワンコですが、まあ洋服はねぇ〜凍死か風邪ひく危険がなければ飼い主の自己満足なとこありますから、お好きに選んでいただければ。



ところで、しつけと称して大人しそうなワンコを蹴った動画がしばし話題になってましたが、保護されてよかったですね。しかも老犬。事情はあるのでしょうが、限度ってもんがありますし…。無条件に慕ってくる小さな生き物にひどい事するのは、やめてっ!!!と心底思いましたよ。

でも、ラブラドールで16歳って相当長生きワンコだから、それなりにお世話はしてもらってたのかな〜とか、しつけから介護への発想の転換ができなかったのかな…とかいろいろ想像が止まらず、ラブラドールはとても賢くて従順だから、いろんな事情含めて「こんな飼い主でも仕方ない。お世話になった義理がある」みたいに感じて、帰りたいなんて思っちゃったりしたら…!ひーツライ!!!などと、よく知らないワンコに思いをめぐらせて…凹んでくるので、ボンに変換してみました。

ボンさんにこんな事が起きて(絶対起きないけど)保護されたとしたら、いきなり順応しそう。美味しいゴハンくれる人なら誰でも大好きだし、「あんな風に俺を蹴るやつなんか、こっちから願い下げだぜ!けっ!」ってなりそう。なんていうか…自己肯定力がとても強いので…。あくまで想像ですけど。その辺は、なんだかイタリア人っぽい。あ〜でも無口なところは、イタリア人というよりシチリア人か。

犬にも国民性みたいなものがあるのかしらん???(シンプルに個体の性格の違いかw)

 

コメント

  1. Ryoko より:

    Sawabonさま

    初めまして!いつも楽しく拝読しています。
    一ヶ月ほど前からパレルモの情報を探していて御ブログにたどり着きました。そして今シチリアに滞在中です。たった数日の滞在なのですが、、、

    昨日パレルモの街を観光していて、ボン先輩に会ってしまったような気がするのです!
    一方的な読者なので、遠くから見てドキドキ、あとで見直そうと盗撮してしまいました。
    もしお時間があれば写真みてくださいませんか?

    私はホームステイ時のホストを訪ねていて、
    ボルジェットにおります。

    • sawabon より:

      >Ryokoさま

      はじめまして!ご愛読ありがとうございます❤️!
      あら〜ボルジェットですか!すごい、ツウですねw。
      ボンさんの盗撮写真wwww見てみたいです〜。
      アドレスはこちらです!
      info*lavacanzaitaliana.com (*を@に変えてください)
      ではでは、どうぞ宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました