ボン先輩ドキュメント〜お迎えからパレルモ到着まで

どうも皆さま、ボンジョルノ!

新型コロナウィルスが心配ですね。毎朝(日本から遅れること8時間)日本からのニュースにびっくりして飛び起きてます。今朝は検疫官の感染で目が覚めました…。WHOの指針で防護服なしだったとか。それだけ感染力が強いということか、はたまた通勤中に感染したのか???

またイタリアの気になるニュースをご紹介しますね。ちなみに、今日のイタリアではクルーズ船の話題はあまり出てません。検索しないと出てこない程度しか報道されてません。

さて、今日はボン先輩をお迎えに行った時の写真レポートです。なんだかんだとズレ込んでますが〜^^;。

ただいま!ボン先輩は今日は涙目!
どうも皆さま、ボンジョルノーーーーーーーー! 久々...



再開でとっ散らかるボンさんはシャンプーの香り

ボンさんがお世話になっていたのは、パレルモから車で30分くらいの郊外にあるザンパ5ステッレという犬ホテル。(名前の意味は、4つ足の5つ星ホテルみたいな意味デスw)

広〜い敷地(田舎だから)に犬の訓練所や保護施設などもありつつ、お庭付きの小屋が並んだこのホテルは、いわば犬のプロたちが揃う複合犬施設(とはいえ、初回体験時は頭痛がするほど心配したけど)

スロープを上がってボン先輩の小屋に近づくと(外観は撮影禁止…)お庭を囲む金網越しに、首を傾げてこっちを見てる茶色いワンコ…。

鍵付きのドアを開けて中に入ると…、

「帰ってきた〜!!!!」

飛びかかられるなか、奇跡的に撮れた1枚

イヤッホゥ!!!!

イヤッホゥゥゥゥ!!!

とっ散らかるボンさん。

チェックアウト前のサービスでお風呂に入れてもらってたからか、シャンプーの良い香りを振りまいてます。

よしよし、よく頑張ったね❤︎!

ボンさんのスペースには、オリーブの木が1本植えられた12、3畳くらいの庭と、3畳くらいの小屋。中にソファとヒーターがあります。「犬にとっては快適!」とのことだったけど、夜とか…寂しかっただろうな〜(涙)。



複雑な顔に現れるボンさんの複雑な気持ち?

出せー出せー!ここから出せーと大騒ぎの末、解放され、手続きして、ご挨拶して、あっち引っ張りこっち引っ張り、マーキングしまくって…、

やっと車に乗って落ち着いた顔。

えへっ❤︎

よかった…認識してくれてるw。

約2週間ぶりだから、忘れられてるかも…と思ったけど、まったく忘れてはいないようでした。

でもちょっと複雑な顔。嬉しいけど、ちょっと拗ねてるかな〜でもやっぱり嬉しい的な。ふと見せる横顔は、もっと複雑でした。

(なんだったんだこの数日間は…俺は、どこにいたんだ…この人たちは何やってたんだ…これから家に帰るのだろうか?またどこかに連れて怒るのか?)

なーんてことは考えてないかもだけど(犬だし)!「うまそうな羊の匂いがするぜ!」かもしれないw。

そうして、ホッとして爆睡して、

目覚めたボンさんが、寝起き顏で感じた海の香り。

「ん?この香り、知ってる…」

「俺の街だぜ!!
パレルモに帰ってきたぜ!」

急にエラそうw。

戻ってから数日は、あんまり寝るんでちょっと心配しましたが、ホッとしたのか疲れたのか。3日目くらいに「はっ!」としたように元気になり、そしてまったく何事もなかったかのように日常生活に戻ってます♪

以前もそうだったけど、帰宅後しばらくして「はっ!」とするのはなんだろうw?

元気に帰ってきてくれて本当によかった!

日本滞在中にホテルの人が送ってくれた写真↓(Instagramのストーリーです。見えるかな?)

お留守ボン - @bonny0222
See Instagram ‘お留守ボン’ highlights from BON ボン (@bonny0222)

コメント

  1. しんしん より:

    「俺の街だぜ!」・・・やっぱりテリトリー(マーキングエリアよりも広範囲な)を認識しているんですよね。
    友人の子供をペットホテルから連れて帰る時にそう感じたことを思い出しました。
    「とてもじゃないけど二泊は無理、だけどお迎え時間には間に合わないからお願い!」と頼まれ迎えに行ったものの、初お泊りの緊張がとけず話しかけてもぬいぐるみのように固まっていました。
    ところが、家まであと1キロの辺りから私の膝の上に立ち上がり窓の外をガン見!こちらもホッとしましたよ~。
    ボン先輩は”パレルモ”、○○ちゃんは半径1キロというスケールは違いますけどね(笑)
    でも、人間も一緒かも。

タイトルとURLをコピーしました