1カラット拾った?!イナゴ豆の種とボンさん島散歩

拝啓、屋根の上から〜複雑なエオリアの家
屋根の上から、ボンジョルノ。 Buongiorno from tetto. ボン先輩のインスタグラムより エ...

複雑なエオリア諸島の家は探検のしがいがあるようで、ボンさんはず〜っと忙しそう楽しそうですw。

ヤモリ探索中。朝から夜まで楽しそう🌞。Ha fatto l’amicizia con i gechi🦎 .#ボン先輩 #雑種犬 #元保護犬 #犬と旅行 #シチリア #エオリア諸島 #フィリクーディ島 #俺の夏休み2018 #詳しくはブログで #filicudi #eolie #sicilia #siciliabedda #buongiorno
Ha fatto l’amicizia con i gechi🦎 .ボン先輩のインスタグラムより

ヤモリを追いかけ塀の上へ…でもそこはオレンジとブーゲンビリアが植わる小さなお庭。

路地裏もなんだか複雑で走りがいがありますw。なんだか頭の上に「♪」が乗ってるみたいに見えるのは、気のせいか…。

よそのお宅のお庭でイナゴ豆の木を見つけました!

イナゴ豆=カルーバ(日本だとキャロブと呼ばれています?)。粉末パウダーをお菓子の素材として使ったりしますよ。ジェラートのフレーバーにもあります。

種は、常に0.2gだそうで…昔々は塩や宝石を計る際の基準にしたとか。ダイアモンドの1カラット=イナゴ豆の種1個。この種をアラビア語で「キラット」と呼ぶのがカラットの語源と言われています。

1カラットではあるけど、素材はダイアモンドではないw。

ちなみに、お財布に入れておくと金運招福だそうな。ややくっさいのでちょっと乾かして入れてみましょう♪

イナゴ豆より日陰がお好きなボンさん。

入り組んだ集落にあった「薬屋さん」への案内…。

だけどその道は険しくw。

隣のブルカーノ島は英語の火山ブルカンの語源だし、その辺に落ちてるイナゴ豆の種はカラットの語源だし、ボンさんを覆うジャングルのように生えているシダ植物”フェルチ”が、この島フィリクーディの名前の語源。

古代ギリシャ神話や語源の話を聴く機会が日常の数万倍になる代わり、最新情報はほぼ入りません。まあ、それでもあんまり困らないのが8月の良いところw。(イタリアの友人知人、仕事先のみなさんも、なーつーやーすーみー!だから!)

おや?肌の黒いマリア像?

ボンさんは日陰歩きが上手になりました。

ちょっと日に焼けた?

続く♪

【ボン動画】猿も木から落ちる。ボンも岩から落ちる。
島は当然ぐるりと海に囲まれていますが、人間サマが容易にアクセスできるビーチは3つ。 ボンさんの飛び込みスポット、ポルト...


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする

コメント

  1. しんしん より:

    ボン先輩、確かに凛々しくなった気がします(笑)
    日焼けによる陰影度アップもさることながら、夏合宿?でいつもと違うトレーニングも重ねて筋肉量もアップ!
    ああ、妄想は続く。。。

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      夏合宿w。朝練から夕練までこなして、
      なんだかより、シュッとしました!
      それに、なんだか毛艶もアップ。
      スイカの似合う男になってます。