シチリア犬のマフィア的会合?!

こちら、アル・ポルト。
フィリクーディ島の3つあるビーチのうちのひとつです。
(昨日泳いだのが、プンテ

おっちゃん、炎天下で居眠りフィッシング中。

昨日のプンテより、繁華なポルトに近いので”賑わい”も増しますwww。

しかし、今日は風が強い。ボンちゃんの耳もパタパタしてますよ。

ボンちゃん、果敢に挑むものの…、

ちょっと無理っぽい。耳に水が入っちゃった様子です。

ふてくされて日干しになる犬…。

「うーん、海に入りたかった…。」

まあ、そんな日もありますよ。ね。

などと慰めていると、

「ねぇ、ちょっと、あれ・・・」

え?なになに?とボンちゃんの目線を見ると、

おお!チルネーコの成犬!!

チルネーコ(正式にはCirneco dell’Etna)は、シチリア原産の珍しいワンコ。

ボンちゃんにも入っているだろうと言われている犬種です。

保護犬ボンの犬種を検討してみた話
ボン先輩は、保護施設出身。故に、犬種がわかりません。 保護施設での出会いまでは、カテゴリー:生い立ち/出会いをどうぞ♪ 兄妹で片寄せあっ...

飼主さん(超イケメン+マッチョのゲイの方)によれば、4代前から隣のアリクーディ島在になったチルネーコだそうで、

いわば、

チルネーコ・デッラリクーディ(Cirneco dell’Alicudi)

お〜こりゃ、ますます珍しい!

ボンちゃんも、ご挨拶に…赴く。

なんか!マフィアの密会みたい!!!

♪パラリラリラリラりラ~が脳裏に流れる…❤️。

さすが、シチリア犬同士…。

はっ!いや、そんなこと言ってる場合ではなく、(去勢してない)雄犬同士!血を見ることになるのでは?!と慌てましたが、ピンキー(夫)も飼主さん(超イケメン+マッチョのゲイの方)も「大丈夫」。

犬同士で牽制しあって縦列つけてまとまるらしい・・・。と言ってもリードなしの状態に慣れている犬同士じゃないと、突然飛びかかったりすることもあるそうなので、田舎ならでは。ですね。

結局…大人なチルネーコ氏にあまり相手にされませんでした。

焼けた石の上は熱いから、ちゃんとビーチタオルの上に(呼ばなくても)陣取るボンちゃん。

ビーチでのんびりしながら海を眺める姿が、あまりに堂にいってきて、よく日に焼けたイタリア人に見えなくもない。

塩ふいてますがねww。

島のイケメンと島流ショッピングに、続く!


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

シチリア犬のマフィア的会合?!
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする