帰りの船は、デプレッショ〜ン

さて、パレルモに帰る日。

港で遅めの朝ゴハンでまったりする間、あるプロジェクトに向かった男子二人はレンタルしていたモトリーノを返しに行き、


こちらのインスタグラムは、イタリア&シチリアの街角&日常風景をメインでアップしてるアカウントです♪

意外と時間通りにくる船を待ち、
そうして再び海上のヒトと犬になった御一行でした。

さよーなら、フィリクーディ島。また来るよ〜。

とか言いつつ、人間たちは久々にネットがつながる状況を愉しんでおりましたが、やはり、彼は…

ガックリwwww。

ガックリ過ぎるw。

いや、そうじゃない、降りて!!!

…席は抗菌ティッシュで拭きました(一応)。

イタリアの公共の乗り物が、あまりにゆるい上、
どこに行っても可愛がってもらえるので、
ついつい忘れがちですが、犬嫌いなヒトもいるし。
その辺、ピンキー(夫)がものすごく注意してて、
多分、(船員さんより)誰よりも厳しい。。。

座席の下でもガックリ。

もんのすごい不機嫌で、目を合わせてくれない。
また、くるからさ(^^;)。

ワンコも「帰る」ってわかるんだなーと、
毎回、感動(?)します。
楽しい!嬉しい!美味しい(は、不明だが)!
怖い!寂しい!…ガックリ!

いろんな感情が犬にもありますね。

てなわけで、島バカンス・シーズン3(ちなみにシーズン2はまだアップしてないですw)、おしまい♪
お付き合いいただき、ありがとうございました!

* * * * *

今年は動画付き♪で現地の様子をヴァーチャル体験
シチリアツアーレポートまとめ


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
ブログランキングのイタリア(生活・情報)と新しく犬 海外生活に参加しました♪
ポチポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする

コメント

  1. アマルフィーナ より:

    ボンちゃん、目がね。目は口ほどに物を言う、って感じ。

    • sawabon より:

      >アマルフィーナさん
      ほんとにね〜もんのすごい訴えてくるから、たまにうろたえますw。