ボン先輩がうちの子になった日

<前回のお話>

犬の保護施設でビビビ?!ボンとの出会い
そんなわけで、保護施設通いが始ったわけですが、 <そんなわけ↓前回のお話> 「この子かも」と思った子がいなくなっ...

カニーレ(保護施設)では、手続きを終えるとワクチン注射などをして約1週間ほどの期間を経てから、受け渡しとなります。

待つ間が長かった。。。

違う子だったらどうしよう?!

引き取りことが決まった数日後、カニーレから電話がありました。「明日きてくださいねー」みたいな電話かと思ったら、

「気持ちは変わってないですか?」

と、聞かれました。

待つ間に気持ちや状況が変わっちゃって、準備OKの連絡電話で「やっぱり、もういいです」となることもごくごくたまーにあるのだそうです。…スタッフもワンコもガックリです。

とはいえ、人のことをとやかく言えない。。。優柔不断で一回ミスしてますから。でも、今回は大丈夫!

そしてさらに数日が経ち、「明日来てねー」の電話がありました。もうそこから、ドッキドキ。「うちに慣れてくれるかな」「うまくやっていけるかな」などはもちろんですが、しかし!何が一番ドキドキしたかと言えば、これ。

違うワンコが用意されてたらどうしよう?!

イタリア…何でもアリだから。取り違えられてるってこともアリそう。書類の管理とかいー加減だし。。。眠れぬ夜を過ごし、翌朝カニーレへ。

指先も冷たくなるほど緊張して待っていたところへ現れたのは、

ちゃんと、あのワンコでしたっ!

あ~よかった!!!

獣医さんの最終チェックを経て引き渡し

引き渡し前、診察台に乗せられて…獣医さんの最終チェック。

初めてみたときより、ちょこっとだけ大きくなってる。成長、早いな…。

コワくて固まってる…よね?撮るのは、やめるよ(´;ω;`)。ゴメンゴメン。

獣医さんによれば、ちょっと風邪気味。

「どうする?もう少しこちらで様子見る?」

と聞かれました。

コホコホと咳をしていましたが、熱はないから暖かいお家で大切にしてもらえれば回復は早いだろう。とのことだったので、このまま連れて帰ることにしました。

引き渡し手続きが完了して、初めてピンキー(夫)の腕に。居心地はどーだい?

あとでピンキー(夫)に確認すると、「様子を見る?」とは、つまり…このまま弱ってしまう可能性もあるから、生き延びられるか様子見る?の意味だったそうです。。。

フンギャッ(≧д≦)!!!

今日からここがキミの家だよ

そうして、家に到着。

怖がらなくてもいいんだよ。ここが君の家だから。

兄妹たちと離れ、見ず知らずのおじさん・おばさんに連れられて、嗅いだこともない匂いの空間に置かれるって、相当不安だっただろうな…と、上の「(犬なのに)猫背」の写真をみるにつけ思い出している老夫婦ですw。

今の図々しさたるやw。ま、幸せそうで何よりです(´∀`)。

お申込み締め切り:7月末日予定
毎年恒例!秋の食い倒れツアー♪ご参加お待ちしてます!


2017年秋は、北イタリア・ピエモンテへ!
イタリア最高峰のワイン・バローロや白トリュフ、そして各種チーズ…。ワイナリー訪問や家庭料理レッスンなど、”美味しい”体験盛りだくさん♪◆◆◆詳細・お問い合わせはこちら(パンフレット)から!


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

ボン先輩がうちの子になった日
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする

コメント

  1. しんしん より:

    今日も涙。。。

    • sawabon より:

      >しんしんさん
      もはや他人とは思えませんw。ジーア…(涙)。