Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボン、初めてのバルコニー(ただし半分)

 

保護施設での顛末は、カテゴリー:生い立ち/出会いをどうぞ♪

ややヤンチャ犬の片鱗を見せつつ、ぐっすり初めての夜を過ごした翌日は、パレルモらしいポカポカ陽気になりました。

保護犬ボン、初めての家で初めての夜
保護施設での顛末は、カテゴリー:生い立ち/出会いをど...

 

我が家は街中にあり、外のざわめきが家の中まで届きます。朝の活気が、ボンの耳を刺激した様子。

気になる?

 

んじゃ、開けてみよか~。

窓を開けると、小さなバルコニー。

 

ダイレクトに届くうっるさいパレルモ人たちの声が気になる様子です。

気になる…。

とっても気になる。

 

けど、これ以上、前に進めないwww!

 

腰が引けてますよっw。

よく考えれば、”バルコニー”も初めてです。高い位置にいるという感覚は、衝撃的だったことでしょうねー。

 

「ムリ。」

諦めて家の中に入ってきてしまいました。

 

でも、日の当たる窓のそばなら、外にいる気分。

ふふふ、気持ちいい♡。

保護施設では、ほかの仔犬たちと芝生の上で転げまわっていただけに、「相当つまらないとこだな」と思ってたかも?ま、少しずつお気に入りの場所を見つけて、慣れてくれるといいなーと思った次第。

あ、ちなみに床に敷いてあるのは新聞紙デス。保護施設で風邪を引いたボンに、「咳が治まるまで散歩はNG」と獣医さんから指令が出ていましたので、いつでもどこでも”できる”よう、床中に新聞紙を敷き詰めてました(^_^;)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました