ボン、シチリアの小さな村で初骨事件 前編

気まぐれチビボンシリーズ。

今回は、海もコワい、バルコニーもコワい、近所の広場が唯一「オレの散歩道」なビビり時代のボンさん、初めての遠出の記録…です。

哀愁あるシチリア内陸部の村へ。しかし…そこには初珍悲劇が待っていたのでした。

 

シチリアの内陸部は”山の幸”がウマイ!

ある日曜日の朝。

近郊の村にランチをしに行くよーとお誘い電話がありました。長く家から離れたことがないボンさんが心配でしたが、皆の「大丈夫だよ!だって、犬だよ?」の声に励まされ(というか、押し切られ)、我が家も参加することに。

 

パレルモから車で約30分。

 

海もあれば広大な田園もあるシチリア島。

ちょっと車を走らせれば、食いしん坊ならがっつきたくなる(実際イタリア人はがっつくw)”山の美味”に出会えます。

 

お決まりの「カポナータ」や「リコッタチーズ」から、山モリモリのアンティパスト。そして、山モリモリのパスタ@肉系。

 

普通の人間  日本人なら、もうここで終了でしょう。

しかし…シチリアではここからが、

 

本番!

 

 

仔牛肉のインボルティーニ、プリップリのサルシッチャ…。

実際、とーてーも美味しい。。。食べられる自分がコワい!

 

そして…セコンドピアット3品目。

ぶ・た・に・く♡。しかも、ほ・ね・つ・き。

はーウマい!

「千と千尋の神隠し」の冒頭に登場する両親豚のようになっている頃、お店のオーナーさんが、ボンちゃんをかまっているのが横眼に見えました。

 

仔犬に骨をあげても大丈夫なの~?

「あ、ちょっと何してますのん?」

「うん、ちょっと骨をあげようと思ってね」

いやいやいやいや、骨ってまだ早いんじゃ?それに、うちでは人間が食事中には食べさせないと決めてたので(そういうしつけをしておかないと、リストランに連れて行きにくくなるから)

 

「有難迷惑です!」

 

と言うと(実際は、ソフトに「結構です」でしたが気持ちはこれ←)、また皆で一斉に、

 

「心配し過ぎ~(笑)!だって、犬だよ?」

 

が始りました。

 

ピンキー(夫)を見れば、周りの皆に同調して「大丈夫だよ~」(怒)。なに空気読んじゃってんの、イタリア人のくせにっ!(おっと差別用語?)

 

うーん。。。当の本人を見ると、

 

「うひょ♡?!何これ!」

興味津々で骨と周りについたお肉にかじりついていたのです。ああ…。

「…こんな仔犬でも、やっぱり骨は好きなんだね」と呟くと、

 

「あっはっは、だって、犬だよ?!

 

ああ、そうですよ。犬ですよ。だけど…。

 

「くはー!食った食った!」

…ふーん。まあ本人が喜んでくれたなら、いいんだけどさ。

 

そしてこの後、大量ランチを消化すべく、シチリア流ながーいながーい散歩が始りました。

<続く>

ボン、シチリアの小さな村で初骨事件 後編
<前編> ボンちゃん、初めての骨体験後、シ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました