Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

象形文字になりそうな美しい「ぐったり」姿とは

どうも皆さま、ボンジョルノ!

この週末、おなじみチンチアさん宅に日本のワンコちゃんが泊まりに来てくれました!めちゃくちゃカワイイ(≧▽≦)!!!!小さくてホワホワしたワンコ…めちゃくちゃカワイイ(≧▽≦)!!!!(もう一回言う)

チンチアさんも大喜び。チンチアの子分、いやアシスタント、いやむしろ女王の別名ジャイコ、マチルダもなんだか優しい目線で見つめてます…。

 

日本から犬も一緒に!ワンコと泊まるピエモンテの田園1泊2日
チンチアさんの田園のアパルタメントへ 憧れのワンコ連れの旅! 引き続き人気のチンチアさんの田園宿泊プラン。昨年、ワイナリープランにご参加くださったお客様が、今回はななななんと!愛犬と共に遊びに来てくれました❤️! 日本からの長旅に耐えたクレマちゃんと超ご機嫌のチンチアさん。 可愛すぎるオス犬くんに、チンチアさんの愛犬マ...

 

犬連れで日本からのイタリア旅行…すごい!すごいですよね〜。飛行機の旅や検閲のことやその他いろいろ、また詳しくお聞きしたいな〜と思っていますよ。

 

シチリア犬ボンさんは…日本に行く日があるのだろうか?

18kgの巨体は、犬用貨物室に入れられてしまうので、成田で凍って出てきたら…なんて想像するだけでト・リ・ハ・ダ…。しかもパレルモから1時間のフライトを経て、さらに12時間の長旅を考えると、絶対に無理だなー…。

いろんな人に、「船で行けば?」と言われますが…船でも犬用貨物室にならないかい?それに、船の長旅なんて人間の方がダメそう(ビビりな上に飽き性だと船旅は向かないと思われ)。

ゆえに行くなら、陸路しか残されてません。

シベリア鉄道で…もしくは車で…。一応グーグルマップで調べてみると、

 

パレルモー東京6日間

 

と、出ます。意外と近い?

ウラジオストクから新潟までは船だけど、なんだかイケそうな気がしないでもありません。

 

さて、思いのほか長くなっちゃったボンバカンスの話にお付き合いくださいまして、ありがとうございました♪

ボンバカンス2018その1まとめ

まだ夏は始まったばかり…ボンバカンス2018その2も…必ず!必ずあります(>ω<)!っていうか、行く、絶対!行ってやる〜〜!と心に決めて、日々のツライことムカつくことイヤ〜なことも乗り切って行きたいと思う6末の昼下がり。。。

パレルモに帰ってきたばかりの頃の、

ボンさんの…、

体たらく。

 

…ぐったり。

 

という言葉以外、何も表現していません。

むしろお見事。

3前年前の中国なら、この姿が「ぐったり」という漢字になっていたであろうってくらい。もしくは、古代エジプトで象形文字になっていたかもしれない。

バカンス終わりのがっかり感、警備疲れの疲労感…いろんな物が相まって、小さなワンコ(まあ、そう小さくもないけど)がぐったりしてる姿は、なんとなく幼気(いたいけ)でもありますが、そうはいっても中年だからな。

どっちかというと、

うんうん、わかるよ〜。
疲労感抜けにくくなるよねー。

みたいな方ですね。

ビタミンC飲んで頑張ろう。あ、Aか。
ま、どっちもか。

 

コメント

  1. ナツコ より:

    ボンちゃん…射止められた鹿みたい。。お疲れ様w ←先日、シカを見てボンちゃんに似てると思ってしまいました。色艶的にも。引き締まった四肢&ボンちゃん首も長いし。

    犬旅は、飛行機の席を一席買って機内持ち込み(笑)出来るのが理想ですよね^^

    • ナツコ より:

      上のコメント失礼過ぎでした、スミマセン…
      鹿の寝姿と言いたかったのに、想像力貧困な脳をお許しください。。

      • sawabon より:

        >ナツコさま

        え?!全然大丈夫ですよ!
        まさに射止められたって感じだったので〜w
        お気遣いありがとうございます^^/。

    • sawabon より:

      >ナツコさま

      あははは、鹿w!本当、似てますよねぇwwww。
      バンビちゃーんと、たまに呼んでますが、本人には嫌がられますw。

      そうなんですよね。機内持ち込みができるサイズのワンコだったら…日本にも連れて行きたいです〜。

タイトルとURLをコピーしました