犬の老後が気になる!虫歯が心配なボン先輩と火の中を歩くマチルダさん

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

ピエモンテ旅からの帰りを待っててくれたボンさんは、ちょっと拗ねてましたが元に戻りました(早)。

「おかえり…待ってたんだよ、俺」

甘えん坊のイケメンおじさん…甘えん坊ってところもイケメンってところも、萌えポイント〜(おじさんは、まあ…アレだけど)。

耳は遠くなったけど、火の中を元気に歩くマチルダさん

おじさんといえば、ボンさんも来年はもう10歳。良いお歳ですよねー。ピエモンテのマチルダさんは2歳上だから、もう12歳。

▼アルプスの雪山で遊んだ頃からもう8年です。二人とも若かったなぁ。

もうすっかりおばあちゃんのマチルダさんは、いろいろ病気がちで心配が尽きませんが、まだ激しく食欲はあるし…今回、概ね元気な姿が見られて良かったです。

ユラユラ揺れる炎の癒し動画を撮ってたら、乱入してきましたw。

TVの刑事ドラマの音声が入ってますが「Vieni subito qui!*」に反応して止まったw。ウンウン、まだ耳も遠いけど、聞こえるようです。*すぐここに来い!

ボン先輩の歯が心配になりました

ただ、歯の奥の方で炎症が起こっていて、老齢で体力的に耐えられないので麻酔ができず、手術もできず(犬の歯治療は全身麻酔がマスト。アーンってしてられないので)。抗生物質と痛み止めで治療中でした。。。

要するに歯髄炎よねぇ。問題の歯がポロッと取れればスッと治るらしいんだけど、めっちゃ頑丈で全然取れる気配がないそうです。アレで悶え苦しんだものとしては同情に耐えませんでした(涙)!!!何も言わず、のたうちまわる痛さに耐えているのかと思うと……。っていうか、歯が痛いのに食欲がすごかったんだけど、生きる気力と体力がまだあるって事なのかなと思うと安心したりして、いろいろ混乱。

ちょうど別の友達のボンさんと同い年のワンコ(♂)も「歯茎が炎症して、歯の治療してる」って話を聞いたばかり。もしかしたら…ボン先輩も歯のチェックが必要なのでは?!

確かに白くて透明感のあるキラキラした歯だったのに、なんだかうっすら黄ばんで歯茎に近いあたりはやや茶色。これは歯石のせいらしく、歯石を放っておくと虫歯の原因になるそうなので、早速、獣医さんにチェックしてもらう予定になってます。

歯磨きはしてるけどキチンとできたためしはないしな…。

急速なワンコの老いに向き合うために心と情報の準備を始めよう…

犬も歳をとれば、体力は落ちるし、あちこち不具合が出てきますね。

犬は人間より早く歳をとるから、それはなんだか急速で、その変化に心と情報が追いつかないとツライ思いをさせるかもしれない。童顔でよく子犬に間違えられる9歳犬だけど、昨冬はヘルニアやっちゃったし。そろそろ”老い”に向きあう準備ってのは、必要だなーと感じてるところです。

気が早いかしら。老後の準備を始める年齢は犬種によりますが、ボンさんの場合はあと10年くらい元気でいてくれそうではあるけど…(という希望と期待w)。

ボン先輩
ボン先輩

11月23日は俺の街、パレルモ旧市街裏路地ツアーですよ!
お天気は晴れる予定。ご都合良かったら、ぜひ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました