裏切りの「ユダの木」の下で騙されたボン先輩

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

日本の桜、満開画像を送ってもらったりSNSで拝見して、あまりの美しさに遠くで感動しております。あの、一斉にワーッと咲く感じが本当に独特ですよねぇ。

今、パレルモでは、ちょうど「ユダの木」が満開。そしてそろそろ緑が混ざってきたところですが、まだあちこちで賑やかに花を咲かせてます。

チンチアさん
チンチアさん

チンチアさんのオンライン料理レッスン

4月10日(日)19:00〜に開催決定!
テーマは復活祭(イースター)のランチ。お気軽にご参加ください♪

キリスト教の使徒ユダが首を吊ったと言われる「ユダの木」

不穏な言い伝えのある気の毒な木ですが、そんなこと気にせず濃いいピンクの花を咲かせるユダの木。イタリア語では、l’albero di Giuda(アルベロ・ディ・ジューダ)。日本語では、西洋ハナズオウと呼ぶそうな。

花言葉も「疑惑」「不審」「裏切り」だとか。←ひどいわねーw。

桜並みに背が高く、見上げるとピンク。みたいな木ですが、なぜか低い位置で咲いているのが一本ありました。

裏切りの声かけに振り向くボン先輩

あら…インスタとかでよくある「桜を眺めるワンコ」風に撮るのにちょうど良さそう。と、思ったけど、(彼的には)美味しいらしい笹のような葉っぱに夢中のボンさん…。

ボンちゃん!ボーンちゃん!ボンちゃんってばー!

呼んでもモグモグ…って、「パンダかっ!」とか突っ込んでみても無反応でしたがー(絶対わざと無視してる)、「あ、これ美味しい!」と言うと…

「なぬ?」

やーい騙されたー!パチリ。←ひどいわねーw。

裏切りの木の下で正しく騙されたボン先輩、「ブオノ」を知っている男。バイリンガルワンコだけどパンダは知らない。

…平和です。

どうぞ平和な火曜日を!
Buona martedi pacifico!

コメント

タイトルとURLをコピーしました