イタリアの美容院をめぐる冒険(続)|イタリア語でボブは?レイヤーは?

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ!

さてさて今日は、パレルモの新しい美容院でのチャレンジしてきました。

パレルモ女性の”美容へのこだわり”から鑑みると…

できれば毎月帰国して、いつも行く大好きな美容師さん@原宿にお願いしたいところなんですが、約1万キロの距離。そうもいかないイタリア暮らし(T ^ T)。

「イタリアで切ればいいじゃない?」なんて発想はキ・ケ・ン…。だって「ナニコレー(白目)!」になることも多々あるから。

そうは言っても切りたくて、前回チャレンジした(↑)わけですが〜。

ふと改めて周りを見回してみると、ローマと比べるとなんだか、パレルモって素敵なヘアスタイルの女性が多くない?もしかしたら…前回のワガママアーティストの店のみならず、結構、まともな美容院があるのでは?

アレかしら、なにはともあれ見た目が命!みたいな老若男女が生息するハッピーアモーレラテンの街だからかしら?不思議なリッチ層も多いし、美容にお金をかける人&こだわりが異常に強い人が多いせいもあるかもしれない。

ということで、リサーチを続け、思いのほか近所にあった”イタリア暮らしをより快適にするまともなカットができる通えそうな美容院探しの旅”第2弾の店へ!

イタリア語でボブは?レイヤーは?

ところで、目的の髪型はボブです。フワッとしたレイヤーの効いたボブ。

第2弾の店で担当してくれたのは、人の良さそうなアントニオさんという方でした。有名じゃなくても良い。大事なのは、落ち着いて話を聞いてくれること…(と、カットがうまいこと)。

さあ、どうでしょう?

「ボブはボブなんだけど、流行りのバツっと切っただけだと…」
「丸く仕上げる感じ?」
「いや、丸くはしたくなくて、軽く外跳ねくらいで…」
「あーカレッね。」
「いや、それだけだとヘルメットになるから…」
「そうねー。髪重いもんね。スカラートだね〜」
「そう。でも気をつけて!イタリア人と髪質全然違うから。うまい具合に馴染むようにしてください。ザクザクした切り口が残らないように…」

iPADで日本のボブ、世界のボブ、あれこれ画像を見ながら、あーじゃないこーじゃない…と20分。「うるせーBBAだな」の表情が時折見え隠れしていた気もするけど、うるせーBBA(←イタリア女性のほとんど)には、慣れてるはずだから大丈夫。根気よく付き合ってくれました。

「ボブ」は、イタリア語でカレッ Carre’カスケット Caschettoなどと呼ばれますが、ボブでも通じます。最近、イタリアでもボブ流行り(バリエーションはいろいろ)。

”カスケット”は、小さいヘルメットって意味なんだけど…直毛の日本人だと工夫しないとガチの菊人形にされるから気をつけないとね…。

「レイヤー」は、一番近いのはスカラートScalato。ペタッとさせないでボリュームを与える方向でカタチ作る感じ。

ただし、裁ちばさみでザックリ切ったとしてもそれなりに格好がつきそうな西欧人のフニャフニャヘアーと違って、太くてしっかりしてる日本人の髪は、相当綺麗にスカラッてもらわないと、ザクザクの切り口が見えた状態になるんですよね(たまにそういう人を見かける…)

意思疎通ができたら次のステップへ!カットの前に…カラーリング

というわけで、”角を出さないレイヤーボブ(ボブ・スカラート)で顔周りにシャギーを入れる”と言う方向で、お互い意思疎通ができたので、次のステップへ移るのを許可wしました。

次のステップは、カラーリングです。

おやおやおや〜?!何してるのー?!

これは、荷物バンドでは…w?荷物じゃないんですけど…。

後半に続きます!ごめん!

▼イタリアの美容院いろいろ体験談まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました