イタリアの美容院事情!後編〜カラーリングはバレイヤージュ一択!…そして出来上がり

と、いうわけで続きです!

イタリアの美容院事情!前編ー悩み多き美容院探しとイタリア語でオーダーするコツ〜イタリア語でボブは?レイヤーは?
どうも皆さま、ボンジョルノ! 武井咲ちゃんとTAK...

アントニオさんからカラー担当のアレックスさんに変わり、いきなりプラチックの結束バンドで髪をまとめ始めたので、ちょっとビビりましたが大人しくおまかせ…。

はぁ?何これw。



イタリアで流行りのカラーリングは”エフェットルーチェ”

前回のドルチェ&ガッバーナの回し者、いやオシャレ美容師おすすめのカラーリングに引き続き、今回もエフェット・ルーチェ(光効果)。イタリア全土でデフォルトになっている流行りのカラーリングです。

光効果って言うくらいだから、光が当たってる感じにする…ではなく〜太陽に当たってところどころ光が抜けた感じに仕上げるってこと。

というのも、西欧人のヤワヤワで色素の薄い髪は、太陽に当たると…なんと、色が抜けるんですよ。うちのピンキー(夫)も栗色ですが、夏は明るい栗色になる…。不思議なもんですねー。

で、太陽で退色した髪色を再現する=「バカンスで超楽しんだの、あたし!」を演出するってわけです。夏にバカンスしないってイタリア人にとっては残念レベル10(MAX10)だから、アフターバカンスをイメージさせる髪色は、華やかで素敵な毎日を送ってるっぽいのです。だからなんだ、って話ですけどw。

ちなみに、太陽に当たって色が抜けた髪を、chioma baciata dal sole(太陽にキスされた髪)なんて、言ってのけたりするので鼻で笑っちゃいますが、”痛んで色抜けてる”などとネガティブには絶対言わないのが、イタリア人のイタリア人たる所以。

エフェットルーチェを可能にするのは、最近、日本でも耳にするかもですが、いわゆるバレイヤージュですね。

”Shatush(シャトゥーシュ)”という人気のカラーリングもありますが、これは、バレイヤージュよりもっとぐっと明るくするカラーリング。

Shatushはガッツリ毛先の方に向かって明るくしますが、バライヤージュはスジスジでナチュラル。メッシュと違うのは、どっちも根元から染めないってこと。そりゃそーですね、だってバカンス帰りの髪色だもの(笑)。根元は生えてきて色が濃いのが自然!

ケアもしやすくて便利なカラーリングです。



結束バンドでバレイヤージュ!

さて、実物。オホホホッ!

こうやって縛ると、自然と根元が染まらないという理論w。んで、ネジネジしながら表面だけカラーリングすれば、出来上がりが自然になるということです。なんだよ、手抜きっぽいな・笑。

バレイヤージュは、”ほうきで履く”の意味があるから筆でバサバサ〜と染めるところもあります。でもこっちの方がコントロールできるんだそうですよ…コントロールしてるとは思えない…単なる色ムラになるだけなんじゃないか…。

などとブツブツ言っている間に完成。

変な生物みたい。

各美容院で様々な方法を編み出してます。前出のドルチェ&ガッバーナ御用達のサロンでは、パネル使う(普通の)方法でした。

しかし、こんなので↑驚いてはいかんのですw。バレイヤージュの前進Shatushを考案し、イタリアで流行らせた立役者フィレンツェのアルド・コッポラの動画をご覧あれ!

なんか楽しそう・笑。

ネガティブ除去マッサージ付きでカットも完成!

そうして…髪が適度に染まった後は、ケラチンとアミノ酸入りのトリートメント&マッサージ。

マッサージって言うから頭皮かと思ったら、髪のマッサージでした。「髪の先からパーンとネガティブ意識を飛ばす」とか言って、スルスルッパーン!みたいな事を繰り返し、モミモミ。みたいな。

なかなか面白いサロンですw。

でも!意外なほどにリラックスしたので驚きです。髪の先からネガティブ意識が飛んで行ったのだろうか???←単純すぎ。

 

さて、準備万端。いよいよカットです!

今回は5分どころか、20分くらいかけて丁寧にカットしていただきまして…ハイ、出来上がり♪

感想:あーよかった。まとも≧(´▽`)≦

日本の技術と比べたらアレかもだけど…佐藤蛾次郎、食パンマン、ヘルメット…を経てきた者としては、大満足です。

ネガティブ意識も飛ばしてもらったしw、パサパサの髪がキュルキュルになったし、同じ時間帯を共有したマダム客たちにも「いいわよ!」と褒めてもらったし(すごいガーガー言ってたから、店全体に心配されていたようです)。

…苦節10ウン年。再訪しようと思える美容院に出会えたかも…涙?(まだ疑惑は残る)

コメント

  1. emicosuga より:

    可愛い!!!(*゚∀゚*)

タイトルとURLをコピーしました