ニューシネマパラダイスのロケ地に続く、今

シチリアの州都パレルモから日帰りできる、
ニューシネマパラダイスの村。

取材やご案内や…で、なんだかんだとたびたびお邪魔しておりますが、先日お邪魔した際は秋ムード満載。ワビサビが香ってまたひとしおでした。

油絵のような雲がダイナミック。

しかしまー、この村はいついってもお変わりなく…。
30年経ってもキープしていることに驚かされます。
30年ってすごい年月。肌も衰えれば、白髪も増える。
ある種の驚異的なアンチエイジングです。

たまに変わるのは、市役所に併設されているプチ博物館の、

ご担当の方w。

この日は、とても親しみやすい陽気なおっちゃんでした。

「これ、映画館のシーンでモノ売りが使ってたヤツ。持ってみる?」

あっ!”ドント・タッチ”って書いてありますよw!

自転車もアルフレッドが被っていたという帽子も好き放題に手に取り、記念撮影をさせてくれました。劣化するし…あまり良い事とは思えませんが、「良い」と言うならやらせていただく・笑。

メイン広場に佇む教会の内部は、金ピカシック。

とてもとても珍しいギリシャ正教✖️キリスト教の教会です。

小さく可愛らしい村のあちこちに残るロケ地を巡りながらお散歩すれば、フォトジェニックなおじいさん。

「俺、いくつだと思う?」と言って話しかけてきてくれたりして(知らんがな…)とても村の人たちがオープンで優しい。

村の風景も優しくて、映画のロケ地でもありますが、なんだかおとぎ話の世界のようです。

映画撮影中にスタッフや役者さんが拠点にしていたお店のランチ。これもきっと30年以上変わっていないと思いますw。オーナー家族の親戚が作った作ったリコッタチーズとペコリーノチーズ各種のアンティパストから〜♪

で、食べていたら…トトの弟さんが登場(っていうか隣のテーブルで食べていました)!

トト…撮影時、5歳。

弟さんは、2歳だったそうです。

面影ある!

ハードは変わらずとも、ソフトは変化を遂げている…。過去の夢のような映画の憧憬をめぐりつつ、そこで続いている「今」との出会い。とても不思議な感覚です。

村全体が映画のロケ地な上、住むメンバーも風景もあまり変わらないから、まるであの映画の続きを観ているような…不思議な体験ができる珍しい村だなぁ。と生リコッタを頬張りながら、改めてしみじみしてしまいました。「俺、出てた!」という人(主におじさん)に多数遭遇しますw。

今回はこちらで行ってきました↓。

憧れのあの映画のシーンに紛れ込んだよう! パレルモを出発後、名画「ニューシネマパラダイス」のロケ地、パラッツォ・アドリアーノ村を訪ねます。 映画のシーンがそのまま残ったような素朴な村を歩き、郷土ランチを楽しんだら、もう一つの村へ向かいます。...

というわけで、絶景を眺めつつ”後半”へ続く。コルレオーネ村へ〜


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

ニューシネマパラダイスのロケ地に続く、今
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする