寒くて暑い東京で汗だく…とやはりお鮨はこうでなきゃ

どうも皆さまボンジョルノ。
なんだか東京より寒いパレルモからです♪

寒い寒いと言われていた東京滞在ですが、
実際のところ、そんなに寒くなかった…んですよね。

朝のワイドショーで、小綺麗なお天気お姉さんが、
毎朝、都内のどこぞから寒い寒いと訴え、
「暖かくしてお出かけください><!」と、
心配そうに繰り返すから、

「そうか、寒いのか」

と、マフラーして手袋して、ヒートテック着て、
そして…汗だく。

という失敗を繰り返しましたwww。

電車もビル内もごーごー暖房効いてて、
暑いったらなかったです・笑。
(滞在が短くて、”ちょうどいい感じ”が習得できずに日本を離れるため、毎度同じ罠に陥る)

パレルモは外が寒くて、中も寒い。
ちゃんと暖房効いてるところがない。
南国だけに防寒が甘い。
真剣に防寒しなければならないのは、ココw。

しかし、なんであんなに毎朝悲痛な表情で、
寒い寒いを繰り返すんですかねぇ?
インフルエンザに気をつけて!って何度も言われると、
なんかすごいビビります・笑。
怖くなって、つり革とかつかまりたくなくて、
マスクと消毒系のウェットティッシュと、
ビタミンCのサプリを、
持ち歩いてしまいました。←怪しさ満点。

まあ、異常に気をつけていたおかげで、
インフルになることもなく元気に過ごせましたが…。

夏はここ数年帰ってないので見てないですが、
暑い暑い、熱中症に気をつけて!が、
繰り返されてるのでしょーか。

さて、日本の美味しい思い出シリーズ↓。

インスタグラムは、随時アップしてました。
主にイタリア人向けに・笑。
何食べたの?とか日本食について聞かれるので…、
これ見といて。的にアップ。

注目はやはりお鮨なので、今回は動画でご紹介。

キャプションは、
こんな動きは職人さんじゃなきゃできないので、
家では作りませんから。の意味ですw。

参考:

和食居酒屋ボンはNSD!冬メニューに新登場の泡醤油♪
たまに開催する我が家の和食会。 今回、来る予定の友達の一人が、 スーシースーシー(寿司)うるさいんで、 ”NS-Dinner”とテーマ...

”ゴルゴンゾーラ”という名称が日本で使えなくなる。
のニュースを見ましたけど、
むしろ「え。使ってたの?!」と驚きました。
日本の省庁も、海外の”エセ寿司”に、
注意勧告すればいいのにな〜と思います。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする