家系総本山”吉村家”のお弟子さんのラーメン店がフィレンツェに!

と、いうわけで、インターナショナルな1日を過ごした後は、お待ちかね(?)のフィレンツェラーメンです!

美しい欧州大学院でピンキー公演と</br>美しい夕方のフィレンツェ
今回のフィレンツェは、ピンキー(夫)の用事でした。それは、フィエーゾレにある”欧州大学院”での公演というか会議への参加。 欧州...

ラーメン専門店やラーメンを扱うお店は、もはやフィレンツェにもたくさんありますが、噂の…KOTO RAMENさんになんとなく呼ばれて…はいないけど、行ってみました!

お店、カワイイ。

テラス席でラーメンです。

(今、気づきましたが店内・外観写真がなかったw。お店の雰囲気は↑リンクから見てくださいませ〜)

まずは、アンティパストwに餃子から。

奥はクラシック餃子。

手前の赤い…のは、ベジ餃子デス。

紅生姜ではなかろうか?

皮もしっかりしてて、美味しかったです。
ちゃんと醤油&米酢&自家製ラー油も出てきたし。

それにしても、隣の派手なおばちゃん二人が、まーーーうるさくて夫婦は黙るw。向かいに座ってるピンキー(夫)の声より、おばちゃん達の会話の方が耳に入ってくるという、イタリアあるある。

そんなおばちゃんたちは、ビールと餃子と唐揚げと冷やし中華(サーモン)と醤油ラーメンを頼んでいました。←どーでも情報w。めっちゃ写真撮ってたから、インスタとかにあがってるかもなーなどと想像していると、

ラーメン到着!

基本の醤油ラーメン(Grande)と味噌ラーメン(Normale)。ちなみに、Grande=大=麺130g、Normale=普通=麺90gです。

こちら、味噌。

そしてピンキー(夫)の醤油グランデ。

麺もちゃんとラーメンの麺。

どちらもなかなか美味しい!

特に醤油ラーメン。

がっつりカツオ出汁が効いた魚介系醤油で、ほんのり甘みも感じるスープにシコシコした麺も決して、キターラ(パスタの一種)を重曹入れて茹でた…とかそーゆーんじゃない…。

なんだかとてもしっかりしたラーメンでした。

…なんで?日本人が働いてるのだろうか?と安直に考えがちですが、厨房に日本人はいなーい。なんでなんで?

と思ったら、聞いてみるw。

オーナーシェフのシモーネさん(↑)に聞いてみると、

なーーーーーーーーーんと、

吉村家さんのお弟子さん

と、言うじゃあないですか@@!
(ほうれん草であれ?とは思ったりもしましたが)

吉村家といえば、愛する家系ラーメンの総本山。何度行ったかわかりません。通い詰めたのは、六角橋の六角家ですけど@90年代w。

ひーマジですかー!とか言ってたら、「こんなところで同じラーメン愛好者に会えるなんて!!!」とシモーネさんも喜んでくれまして…、

はい、ポーズw!

シャンッ、シャンッw!

やだ、お上手〜w!

なんて、注文待たせて盛り上がってしまいました。

醤油は3種のお出汁を組み合わせ、味噌はとある方のおばあちゃんのレシピをそのまま再現していてフルーツをベースにしているのだとか。ほぅ。麺は、大和製麺所の製麺機を取り寄せて、自社工場で作っているそうです!ほぅほぅ。

「イタリア人の味覚や好みに合わせているから、日本で食べるのとはちょっと違うでしょ?特に冷やし中華は…。」とのことです。たしかに、サーモン冷やし中華とかあるしなー。そうやってメニューは変化するもんなんですねー。

そして、大事なこと…。

「ところで、お家芸の豚骨醤油はどーされました?」

と聞くと、

フィレンツェで3店舗展開しているうちの1軒でしか出してなく、しかも冬限定だそうな。へー。また冬にお邪魔したい!

吉村家さんのお弟子さんのシモーネさんが家系LOVE仲間&めっちゃ良い人〜ってことは置いといたとしても、正直なところ今の時点でイタリアNO.1のラーメンです♪(サンプル数少ない&主観ですが)。

* * * * *

今年は動画付き♪で現地の様子をヴァーチャル体験
シチリアツアーレポートまとめ


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする