Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術本番・前編

と、言うわけで初体験尽くしの入院&手術@イタリア体験の続きです♪

【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術前検査編
どうも皆さま、ボンジョルノ! 先日、サクッと入院し...

(時間拘束が)過酷な手術前検査を経て、いよいよ手術当日です。



痛い?!手術内容を調べて…緊張度マックス…

予約は、またもや朝8時。念のため7時半ごろ到着すると!

受付がいませんでした…w。えー。のどかに掃除するスタッフとちゃんと早めにきてた患者さんたちばかりで、聞けば皆さん8時の予約。

あー…手術が8時に始まるんじゃないんですね。8時=午前の組ってことか。うん、きっとそう。想像と自力の情報収集でイタリアは回ってます。

せっかくなので患者同士で勝手に順番リストを作り(たくましい!)待っていると、8時きっかりに受付のおじさん到着。

すでに溜まった受付処理をする間、スマホで日本の子宮鏡下手術状況をリサーチしてみました(怖すぎて事前に調べられなかった…)

すると、出てくる出てくる詳細情報!手術前検査のことや手術当日の流れはもちろん、お風呂はいつ入れるか、術前・術後で立ってトイレに行けるかまで…。素晴らしいなぁ…日本って。

それによると、今回の子宮内膜ポリープ切除は、イタリアと同じく日帰り入院から3日入院まであるようです。ふーん。

手術前には数時間前(場合によっては前日!)に子宮鏡を入れやすくするための頸管拡張?のような処置があり、それが結構痛いらしい…。そして尿管カテーテルもするらしい…。

ひーここ怖いっ@@!

ラストミニッツで恐怖爆上げ。冷や汗で背筋が凍ったところで、こちらも汗だくの受付さんから指示があり、次いで看護師さんに付き添われ病室に移動する事になりました。。。



男子禁制の病室階へ!

「5階に移動しますよー。男性は入れない階だから、時間になったら手術室のある4階に来てくださいねー」

えっ@@!!!ピンキー(夫)…。

恐怖でガッチガチになってる上に、一人で前線に立ち向かうことになるとは(涙)。

でも、仕方ありません…。看護師さんとエレベーターで男子禁制の5階へ上がりました。

そして、「はい、ここがあなたの部屋よ」と通された部屋は…、

オレンジw。

うそ〜んw。
落ち着かないww!

「2人部屋よ。後で仲間が来るから寂しくないわね。ベッドは好きな方使って!」と言い残し、看護師は去って行きました。

ビビッドなオレンジの壁に囲まれポツン…。手持ち無沙汰でリクライニングをウィンウィンやってみたり、クローゼットを開けたり閉めたり、ついでに部屋にあるトイレの写真を撮ったりしていると(へー普通の家のバスルームみたい)、

「あ!あなた、同室なのね!」と声高に顔見知りのおばちゃん(昨日のE19番)が入ってきました。

おじさんと一緒に

ん?
男子禁制では?

「これ、うちの夫。いーわよね!だって、1人なんて無理だもの!病室にはあなたと私だけなんだから、問題ないわよね。あなたもご主人呼びなさいよ。」

ひ〜強引w。

でも乗っかるw。

戸惑うピンキー(夫)を呼びました♪

結局…病室に2人のおじさんを見た看護師さんたちも「あら〜しょーがないわね。まーいーわよ」と、男子禁制ルールが唐突にウヤムヤになったのです。

強引&テキトーさがイタリアの醍醐味。これに助けられることが結構あるから、短所であり長所でもある…^^;。要するに、何事も臨機応変ってことでございますわね。



(嘆く妻+なだめる夫)×2=心強い相部屋方程式

しばらく待っていると、トマジーノ先生と“ハイジの50年後”みたいな優しそうな看護師さんがきて、術前の懇親(?)のようなものがありました。

ひとしきりおしゃべりしたついでに、頸管拡張とカテーテルのことを震えながら聞いてみると、

「あ〜やらないやらない。もっとスペシャルな器具使うから必要ない!まったく痛くないから大丈夫!」

とトマジーノ先生が豪快に笑う。

またテキトーなことを…。と思わなくもありませんでしたが、イタリアの医療って思いのほか進んでいたりもするから無きにしも非ず…。いや、丁寧な日本の医療と違って単に力づくなだけなのかもしれない。

また謎に包まれましたが、追求しない方が良いこともある(ココロに)。とりあえず「痛くない」だけ記憶に残すことにして、一緒に笑っておきました。

痛さに極力弱いビビリな自分に少々嫌気もさしたけど、E19番のおばちゃんも「怖い怖い。緊張で眠れなかったのよーあなた、寝た?!」などなどとうるさい、いや、弱音吐きまくり(旦那さんなだめまくり)だし、皆んなそんなもんなんだな〜と思うとなんだか心強い。

おばちゃんのおかげで孤軍奮闘の予定が4人のチーム体制になった病室でガヤガヤしていると、手術着が届きました。

スッケスケ〜♪

その後、執刀医のおじいちゃん先生の訪問などがあり、ヒゲの看護師さんがお迎えに。看護師さんは男女半々くらいの割合でいます。

「そろそろ行きますよ。あ、まだ着替えてないの?早く着替えて」と促され、全裸+スケスケに靴を履いて病室の外に出たら、「あららららら、ショータイムじゃないんだから!なんか羽織って!」と部屋に戻されたのでw、カーディガンを羽織って出直し。

…たしかに、私だっておかしいと思いましたよ…。たまたまカーディガンを持ってきてたから良かったけど、なかったら?シーツでも被せられるのかな?

…さあ、お恥ずかしい格好でいざ手術室へ><!

続く!

【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術本番・後編
と、言うわけで初体験尽くしの入院&手術@イタリア...

コメント

タイトルとURLをコピーしました