【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術本番・後編

と、言うわけで初体験尽くしの入院&手術@イタリア体験の続きです♪

【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術本番・前編
と、言うわけで初体験尽くしの入院&手術@イタリア...

ヒゲの看護師さんに付き添われ、スケスケ手術着&カーディガンで病室から手術室階に移動し、いよいよ“立ち入り禁止マーク”のドアの向こうへ…。



手術前準備室で刺した点滴用の針は針じゃなかった件

まずは手術室前の準備室のようなところに寝かされました。麻酔医(術前懇親の時とは違う若いハゲた人)が点滴の準備をするようです。

「何人?日本人?なんでパレルモにいるの?アモーレのため?」とかなんとか、内容のないおしゃべりで緊張をほぐしてくれようとするのは、イタリア人あるある。優しいと思うけど、むしろ黙って集中してくれと思わなくはない。

「手の甲はやだ?じゃあ、腕ね。はい、握って開いて握ってー…」で、ブッスリ。見ると、肘の内側の曲がるところに刺さってるじゃないですか(怖くて刺す瞬間は見ていない)。

肘を曲げたら針折れそう。

腕の内側を上にしたまま、真っ直ぐ硬直していたら、よほどおかしな格好していたんでしょう。様子を見に来たトマジーノ先生が「あら!なんでこんなに腕伸ばしてるのよ」。

だって、針が怖いんだもん。と言うと、「針なんか刺さってない!ほらっ!」とグイッと腕を曲げたのです!

ぎゃ〜!

…アレ?全然痛くない。点滴をつけ外しできるように腕に刺しっぱなしにする、アレ…なんていうんですかね?プラスチック製の細いカテーテルなんですね!

「そんなこともさえ初めて知ったくらいの手術初心者に乱暴するなー」「はいはい、わかったわかった」とまた軽口交わしながら、トマジーノ先生が手術室に行くと、開けっ放しドアの向こうでスタッフたちに大声で話し始めました。

「ねー知ってる?!日本の産婦人科ってねーカーテン越しに診察するんですってよ!」「へーーーーー!」

ちょ、またその話を…。もうかれこれ2年くらい前にした話なんだけど。話し振りから、機会があるごとに話題にしている模様ですよ。イタリア人にとっては顔の見えない診察は、なかなか想像を絶するみたい。

日本人にはオープンな診察室の方が衝撃ですがねー。埋まらない異文化の深い谷です。

腕を曲げ伸ばししていると、あちらの準備ができた様子。ストレッチャーに乗せられ手術室へ移動となりました。



初めての手術はおじいちゃん先生の頭ポンポンから…

初めて生で見る”手術室”。

ドラマで見るのと同じライト〜!なんて、ちょい盛り上がりましたが、そんなライトが煌々と照らす周囲を、手術台からキョロキョロ見ていたら、執刀医のおじいちゃん先生が「大丈夫だよ〜寝てる間に終わっちゃうよ」とニコニコしながら、頭をポンポン!優しい〜(涙)。っていうか、頭触っていいの?!切るわけじゃないからいいのか…。

そして…麻酔入りますよ〜の声。

視界がグラングランしてきた…。

肩を叩かれ、目を開けるとヒゲ看護師さん。

「終わったよ」

え?!もう?!

あっさり終了してました。

えー…と呆然としながらゴロゴロ運ばれ、手術室の外に出るとピンキー(夫)。「終わったねーTutto bene?」の後に言ったひとことで、パキッと目が覚めました。

「あれ?なんか若返ってる!」

どうやら静脈麻酔でもんのすごーーーーく深ーく眠ったため、日頃の疲労感がすっかり解消。100年の眠りから覚めたように、めっちゃリラックスした顔をしていたようです。

マジかー。だったらもうちょっと寝ていたかった!起こさないで欲しかった!とブーブー言ってる間に、病室へ運ばれました。



賑やかな病室で寝たり起きたりしながら無事終了!

こんな点滴を2本ほどしてる間に、

隣の戦友、おばちゃんも無事帰還。お互いご無事で何より!

しばらく安静に。の間、おばちゃんは「喉乾いた」「あそこが痛い、ここが痛い」「お腹すいた、何か買ってきて」とおじさんを小間使い扱い。

パスタ・アル・フォルノを買ってこようとして怒られたり(たしかに病人に、あのパスタはハードモードでしょうよ)、目が覚めた時にいないと怒られたり。おじさんが怒られがちでしたけど、イタリア人の典型的な仲良し夫婦です。

日帰り入院は、病院で食事が出ないから自力でなんとかするしかない。ピンキー(夫)は、お向かいのBIOショップで身体に良さそうなビスケットとクラッカーと、謎のスムージーを買ってきてくれました。

ショウガが入ってるらしいスムージーは辛くてむせるし、なんだか全体のチョイスがパッサパパサ。おばちゃんだったら怒ってただろうな。

おじいちゃん先生やトマジーノ先生の術後診察が終わり、寝たり起きたりしながら回復を待ち、夜には病院を出て帰宅。初入院&手術は終了したのでした。

おしまい。

* * * * *

終わって良かった…なおかつトマジーノ先生の言う通り、

全然痛くなかった!

それが何より嬉しい小心者。一番痛かったのは、術前検査の採血

そして一番記憶に残っているのは、静脈麻酔注射のアンチエイジング効果!眠るってスゴイのねー。ちゃんと寝ようっと!

とても大した事のない手術なのに必要以上に怖がりすぎて壮大な3部作になっちゃいましたw。長々お付き合いありがとうございました!

コメント

  1. しんしん より:

    お疲れさまでした!三回シリーズ、面白かったです。
    とにかく痛くなくてよかった!最後までドキドキ!!
    一番感心したのは「瓶」の点滴です。
    日本では通常見かけないのでホルダーや口金具含めてドラマの世界?!
    洗剤詰め替えパックみたいな点滴より効きそうな気が・・・瓶入りコーラのほうが美味しいみたいな(笑)

    • sawabon より:

      >しんしんさま

      ありがとうございます❤︎。
      なるほど、たしかにガラス瓶でしたねー。
      プラスチック製はウミガメ問題があるから…エコではありますね!
      そういえば、最近流行りのおしゃれBIO炭酸ジュース系もみんな瓶ですね、そういえば。。。

  2. RU より:

    sawaさん初入院&手術お疲れ様でした。そして何より無事に済んで良かったです。

    来月のツアーに差し障りなくて本当に良かった。

    イタリアの産婦人科のカーテン、待合室の様子、イタリア人夫婦のあるある

    へぇ~! がたくさん

    医学の進歩ってありがたい。ポリープは身体にメスを入れなくても取れるのだから。

    私の大腸癌も内視鏡手術だったので4日の入院で済んじゃいましたから^^V

    これからも無理はなさらずにご活躍ください。

    大事に至らず、にゃんこせんせいとボンちゃんもホッとしていることでしょう。

    よろしくお伝えくださいませm(_ _)m

    • sawabon より:

      > RUさま

      ありがとうございます❤︎。
      正味30分くらいでしたから…医学の進歩はすごいですね!
      サクッと終わってイタリアの医療もなかなかです(むしろいろいろ早くて良いかも?)。
      この機会に、ってな感じで小さく体力作りとダイエットを頑張っております(間に合わなくなる前にw)!

タイトルとURLをコピーしました