【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術前検査編

どうも皆さま、ボンジョルノ!

先日、サクッと入院してきました!そしてなんと、手術も!

いやはや、もービビりまくりましたが呆気なく終わって、呆気にとられていますw。

初入院&手術でお世話になったイタリアの病院事情をご紹介しますね♪いつかイタリアの病院に行くかもしれない、同じケースがあるかもしれない?そんな方の参考になるかもしれないし…ならないかも(大笑)!

※今回の入院・手術体験は一例です。全てのイタリアの病院が同じではありません。
※痛そうな話が苦手な方は、スルーしてくださいませ。



イタリアの産婦人科はカーテンがない

内容は子宮頚管と子宮内膜ポリープの切除でした。昨年の人間ドックで指摘され、イタリアでお世話になっている産婦人科のトマジーノ先生に相談したら、あれこれあれこれ検査(HPVや腫瘍マーカーとかいろいろ)してもらったところ、特に問題なかったのだけど「切っときましょ」ということで切除手術を受けることになった次第。なんだかライトです。。。

トマジーノ先生は、女性で通ってる美容院も一緒。イタリアではド定番の“太陽で色が抜けた風”に染めたロングの髪をなびかせた身長150cmくらいの小さなおばちゃん先生です。バカンス焼もセクシー。

日本で産婦人科に行かれたことがある方(ほとんどの方が行ったことあると思いますけど)はご存知だと思いますが、診察台にカーテンありますよね?イタリアは、あれ、ないんですよ〜。

先生が診察中もパカッと開いた足越しに、顔を見合わせておしゃべりしながら診察します。ちなみにピンキー(夫)も入室可。何しろオープンなのです。

「日本だとカーテンがある」って話をしたら、トマジーノ先生驚愕。そこまで驚愕するか?ってくらい驚愕してました。「なんですって〜?!人間同士じゃないの!なんで隠すの?!」と。いや、まあそーなんだけど…なんで?と聞かれると結構答えに窮しますね。

そんな陽気というかガラッパチな先生がコラボしてる入院病棟のある私立病院で手術することになったのでした。トマジーノ先生も立ち会うことに。なんだかとっても安心です。



イタリアの病院の待合室で「お静かに!」は、無理

「コワイ…」「コワクないわよ」「痛いですか?」「痛くないわよ」という不毛な会話を何度も繰り返した後(付き合ってくれて親切w)、諦め…がついたタイミングでサクッと予約手続きとなりました。手術予定日の2日前には、手術前検査があります。

※今回は私立病院。イタリアでは公立と私立でだーいぶ状況は変わります。ホームドクターの処方とエコー写真が必要なのは同じだけど、予約の流れは別もの。公立だと数ヶ月待たされることもあるやなしや。

予約は朝8時。朝食抜きでドキドキしながら行ってみたら…まずは順番待ちの登録から始まりました!おい〜っ(涙)。

※大きな病院は私立も公立も当日の待ち時間が長いのは同じ…。こういうイタリアのシステムは本当になんとかならんのか!と思いますが、きっと決められた時間に来ない人が多いから、まとめて8時とか言ってるんじゃないでしょうかねぇ(遠い目)。

”E17番”となりましたが、はて?この番号はどれくらい待つのか待たないのか?さっぱりわからないのがイタリア式。でも大丈夫!待ち時間の仕組みや予想待ち時間は、たいてい患者同士の会話でわかるから。

「今、アルファベットのAだよ」「でもAの後、Eだから」(←謎の順番)

なるほど。

「私、E14番よ〜!」「私はE16番だから、あなた、私の後ね!」「E15番は誰かしら。ねえ、E15番の人いるー?!」「ハイハイ!私〜!」

なるほど、なるほど。1人15分くらいだから…あの人が呼ばれたら、30分後くらいかな?なんて具合で検討をつけます。かなりアナログです。

そんな賑やかな会話が繰り広げられる壁には、日本の漫画っぽいイラストの張り紙がありました。

お静かに!グラッツェ。

無理っ!

黙って大人しくしてたら、なーんにもわからない。需要と供給が一致していなくても自力で解決しようとする、ガッツのあるイタリア人たちの口を塞ぐことはできません。



検査後に渡された手術前検査のリストに、朝食の文字

なんの検査をされるのか…無の状態で行ったので本当にドキドキしました!

しかし、蓋を開けてみれば、なんのことはない血液検査と心電図と麻酔医との懇談だけ。そんな検査の全容が理解できたのは、最初の2つが終わったところでございました…。

心電図の後、「受付に行って〜」と言われて行くと、そこで検査リストを渡してくれたのです。

な・ぜ・最・初・に渡さないっ!!
本当いろんな事が謎(白目)。

で、検査リストをよく見ると、検査項目の並びに…おや?朝食COLAZIONEの文字。

PRELIEVOは血液採取のこと。朝食抜きが必条件だから、血液採取の後はゆっくり朝食でもどうぞ。というわけです。

急に親切…・笑。食べる・寝る・遊ぶに関しては、やたらキッチリしてるイタリアです。

お言葉に甘えて(?)病院内のバールでガッツリ朝食(と言ってもほぼお昼)

さて、朝食も終わり、残りは麻酔医との懇談だけなんですが〜その時間がまたなかなか不明!

麻酔医の出産立会いなども入るそうで(1人しかいないの?)…妊婦さん次第で予定が変わるらしいです。「胎児に聞いてくれ」とか言ってましたよー。

結局…待ちに待ち、病院内にある遺跡を見学してみたり(スペイン帝国支配時代の城壁の上に建てたらしい病因棟には、数世紀前の壁が唐突に現れます。遺跡をインテリア扱い・笑)

病院前のBIOショップでお買い物などして(超珍しいアグリジェントヤギの熟成チーズ見つけました!ラッキー❤︎)

のんびり戻ってみたら…。

順番抜かされてましたー!E19番のおばちゃん、ずるい!親切そうだけどそういうこともあるから、気が抜けない。と言いながら抜いてた結果。

そして、なんだかんだ時は流れ、入院手続きが終わった時はすでに夜。たった3つの検査…ただそれだけなのに丸1日郵便局、銀行、病院はできるだけ避けたいイタリア3種の困難。

ふぅ、やれやれ。

…ってやりきった感満載でしたが、本番は翌々日。忘れかけてた…。あ、もしや?緊張を解くために苦難の1日を用意してくれたの?な〜んて思ったりもしますが、絶対に違います!

本番編に続く!

【女性限定】イタリアで初入院&手術!〜手術本番・前編
と、言うわけで初体験尽くしの入院&手術@イタリア...

コメント

タイトルとURLをコピーしました