イタリアの産婦人科にはカーテンがないーイタリアで初入院&手術体験記〈前編〉

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノ!

先日、サクッと入院してきました♪そしてなんと、手術も…どっちも初体験ですよ。。。

せっかくなのでねw、初入院&手術体験&イタリアの病院事情などをご紹介しますね。同じ手術を予定されている方に参考になれば?!幸いです(いや、あまりならないかもしれないけどw)。

※今回の入院・手術体験は一例です。全てのイタリアの病院が同じではありません。
※痛いな話が苦手な方は、スルーしてくださいませ。

イタリアの産婦人科には、カーテンがない

さて、なんの手術かといえば、子宮内膜ポリープの切除でございます。

昨年の人間ドック@日本で指摘され、イタリアでお世話になっている産婦人科のトマジーノ先生に相談したら、あれこれあれこれサクサク検査(HPVや腫瘍マーカーなどなど)をした結果、特に問題なかったのだけど、「切っときましょ!」となった次第。

トマジーノ先生は、美しいロングヘアをなびかせ、バカンス焼けもセクシーなパレルミターナ。通ってる美容院が一緒で、イタリア・ド定番の“太陽で髪色が抜けた風”に染めてるところに、何度も遭遇するのよね(通うサイクルが同じなのか)。身長150cmくらいの小さいパワフルなおばちゃん先生です。

ところで、産婦人科といえば、診察台にカーテンがつきものですよね?でも、イタリアは、あれ、ないんですよ〜。知ってました?

パカッと開いたw足越しに、先生と顔を見合わせながら、おしゃべり&診察です。ちなみにピンキー(夫)も入室可。何しろオープンなのです。

「日本の病院だとカーテンあるんだよー」と言った時のトマジーノ先生の驚愕はたいそうなものでした。「なんですって〜?!なんで隠すの?!人間同士じゃないの!」と。

人間ってw。まあ、そーなんだけど…改めて「なんで?」と素朴に聞かれると、結構答えに窮しますね。はて、なんででしょうね?羞恥心的なアレかしら。

で、手術はトマジーノ先生がコラボしている病院で。先生も立ち会うとのことなので、手術を決めたわけです。うるさいけど、心強いからw。

※イタリアの病院は大きく分けて保険が効く&場合によっては無料の公立病院と保険の効かない私立病院があります。トマジーノ先生の病院(クリニック)は私立。手術した病院は公私立で、保険も効くけど保険が効かない治療も選べると行った総合病院です。

イタリアの病院の待合室で「お静かに!」は、無理

「手術怖いなぁ…」「怖くないわよ」「痛いかしら?」「痛くないわよ」とトマジーノ先生と不毛な会話を何度も繰り返したのち、諦め(?)がついたタイミングで入れてもらった手術の予約(先生経由だと予約が早い)。

手術予約日の2日前に、手術前検査がありました。

予約は、朝8時。朝食抜きで急いで到着してみると…なぜか行列が。順番待ちのカードを受け取って、待つことになりました。順番待ちカード受け取りの予約だったのか?と首を傾げつつ待合室へ。

順番カードは、E17番。はて、この番号は…どれくらい待つものか?さっぱりちっともわかりません。ならば、待合室の同志に聞く。

予約カードの仕組みと予想待ち時間など、受付の人に聞けば良さそうなものですが、それだとあまり実用的な情報が得られないのがイタリア。最有力な情報は、待合室にあります。

「今、アルファベットのAよ」

ABCD…E。んーすごい待ちそう…。

「大丈夫よ。Aの後がEだから」

な、なぬー?!

いろんなことが想定外。

「私、E14番!」「私がE16番だから、あなた、私の後ね!」「ねえ、E15番はだれー?!」「ハイハイ!私〜!」そんな感じで、アナログに確実な全体像が見えてきます。

ふむふむ、1人15分くらいだから…あの人が呼ばれたら、30分後くらいかな?と検討をつけて、ちょっと席を外すのも、可能(うっかりしてると抜かされることもありますがね)

そんな賑やかな会話が繰り広げられる壁には、日本の漫画っぽいイラストの張り紙がありました。

お静かに!グラッツェ

ぶっw!

黙って大人しくしてたら何もわからないので、おしゃべりで情報取りに行かなかきゃいけない環境をまず変えろ。だし、イタリア人は声の大きさの調整は苦手だし(主観ではあるまい)、まー無理ですね、と誰もが思う虚しい張り紙ですねw。

手術前検査のリストに、朝食の文字

しかし、術前検査ってなんだろう?

怖いことは知りたくないので…何も調べず、何も聞かず。無の状態で赴いたので、かなりドキドキ&ぼんやり待っておりました。

順番が来て呼ばれた診察室で、採血と心電図。そこで、看護士さんに「この後、受付に行ってね」と優しく指示されたので受付に行くと!

今日の検査リストを渡されました。

え、今w?!

ここでやっと本日の全貌が判明。

採血、心電図、あ、麻酔との懇談もあるのか。おや?COLAZIONE(朝食)

検査項目の中に、朝食があるってなんかかわいいw。そう、採血のために朝抜きできてるからね、大事よね、朝食。

ということで、病院内のバールでガッツリ朝食(と言ってもほぼお昼)

朝食を終えたら、今日のミッションは麻酔医との懇談を残すだけ。が、しかし。その時間が、またわからなーい!

麻酔医は、この日、出産立会いも担当していて、急なお産があれば席を外さねばならず、明確な予定が入れられないとか。なんじゃそりゃ、で待合室は大混乱。「俺には、わからないんだ!胎児に聞いてくれ!」と反論するも、ブーイング収まらずw。

あんまりうるさいんで、病院内の遺跡を見学したり、

遺跡の上に建てられた病棟に、約1000年前の壁が唐突に現れる…斬新なインテリアwww

病院前のBIOショップでお買い物などして

超珍しいアグリジェントヤギの熟成チーズ見つけました!ラッキー❤︎

のんびり戻ってみたら…。

順番抜かされてたー!

E19番のおばちゃん、ずるい!イタリア人はたいてい親切だけど、抜け目はないから気が抜けない。と言いながら抜いてるとこうなる。

タイミングを逃したE17番(私)。この後、急激に忙しくなってしまった麻酔医を待ち(お産が重なってめでたいのだけれど)……病院を出た頃には、すでに夜の帳がお降りていました。

たった3つの検査…で、丸1日

ふぅ…お疲れ!って、つい達成感に浸ってしまいましたが、本番は翌々日。煩雑なことが多すぎて、大事なことを忘れがちは、イタリアあるある!

本番編に続く↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました