【やや閲覧注意】金森式ダイエット失敗の巻

どうも皆さま、ボンジョルノ〜♪

先日、金森式ダイエットに挑戦するために(ナイアシンを買おうと思って)薬屋さんに行ったら、売ってもらえなかった話をしたかと思いますが、

マナー犬ボンさんと”買わせてくれない”厳しい薬局
どうも皆さま、ボンジョルノ! ラグビー日本代表負け...

まあ、別に…ナイアシンはマストじゃないみたいだし大丈夫。とりあえずメインの牛脂があれば良い。近所のお肉屋さんに注文してきました!

なぜならこのダイエット、”脂肪をもって脂肪を制す高脂質食”メソッド

牛脂でダイエット!
面白いじゃあありませんか!

参考金森式ダイエットとは:金森重樹が考えた「逆説の糖質制限ダイエット塾」

レシピも公開されてるし、結果が出ている人も続々らしい。そりゃやってみたくなりますよねー!ねw?



初めて見た牛脂の塊に戦慄…

牛脂と言ってもスーパーのお肉コーナーの片隅にあるキューブ状のアレではなく、ちゃんとした牛脂が必要とのこと。

ちゃんとした牛脂〜。どこで売ってるのー?というわけで、お肉屋さんに注文したわけです…不便なイタリア生活よ〜。

で、アンガス牛も扱う近所のお肉屋さん。ゴッツイのを用意してくれましたw!コワイから小さく載せますね…。

まずは、一番簡単そうな牛脂スープにチャレンジしてみよう、そうしよう!と、1食量の200g程度に切るところからスタート。触るのもコワイけどw!

ネットで見つけたレシピ通り、ニンニクスライスと一緒に炒めてみると…まー出るわ出るわ、脂が海のように!っていうか溶け出す溶け出す〜!

「こんなに脂をとったら、痩せる前に死にそうだね」と通りかかったピンキー(夫)がコメントしていきましたが…ここでくじけてはいけない。

戻したしいたけと卵とワカメを加え、中華だしとお醤油で味付けしてみましたところ…くはぁっ!食道を通りません!動物くさい…し、脂っこい(当たり前)。

なんとか食べられるように…と、ネギと日本酒と黒胡椒などを足して味を調整してみましたところ、あれ?ラーメンのスープじゃない?ってな感じの仕上がりに。もはや件のダイエットメソッドから離れてしまってますが。

たったの1杯でも激しい満腹感に加え、胃をコーティングされたように他のものが一切食べられなくなりました。これは、食べる量自体がかなり減りそう



そして翌朝、凍りつく

牛脂の風味消去のためにメソッド通り(糖質カット)とは行かなさそうだけど、なんか効果はありそう。と、ウキウキしながら食後の柿を美味しそうに食べるピンキー(夫)を横目で見やり、期待に胸焼ける踊る夜が更けていく。

そうして爽やかに開けた翌朝。

カフェ入れよっとキッチンで、
見てはいけないものを…
見た。

おおぅ!

牛脂に戻ってる。

…心が折れましたorz。



牛脂の塊から脂の固まりへの変貌…。ちょっと衝撃的で(早朝だったし)、再加熱して溶かす気にはなれず…。やむなく廃棄。食品廃棄を減らさなければならない時代だというのに!すみません、地球。

ネットを見ると、金森式ダイエッターは牛脂を焼いてそのまま食べたり、牛脂で牛カツ揚げてたり。しかも写真がすごく美味しそうだったりもするんだけど?

牛脂のクオリティが違うのだろうか?パレルモの牛脂は、パレルモ人同様に濃厚過ぎるのかもしれない…。

きっとそう!だって、見てこれ↓アマゾンだけど。パレルモの牛脂とは、見た感じからしてもう違う。なんかすでに美味しそうじゃない?血抜きかな〜…うーん。

ということで、金森式ダイエットチャレンジ(パレルモ製牛脂のせいで)たった1日で終了〜(大笑)!

画期的な理論は納得だし、結果出てる人多数だし、憧れます!!!でも…牛脂がも〜(←牛の呪いか)。脂身多めのお肉ならなんとかイケるかもなので、炭水化物減らして脂身肉じゃダメでどうかしら?!あ、なんかむしろ太りそうw。

…ごちゃごちゃ言ってないで、動けっつー話ですかね^^;。あー残念。

↓始めるならちゃんとメソッドを勉強してから!あー日本にいたら絶対やってたのにな〜牛脂がなー(しつこいw)。

コメント

  1. モリモト より:

    おはようございます。
    ダイエットネタは世に尽きないですね。日本にいるのに知らなかった金森式。私は聞いただけで無理!です。焼肉もカルビを卒業して早十ウン年、ステーキもサーロインよりモモ、ヒレな食生活ですから正直、成功例うんぬんより続けられるというだけでその強靭な胃腸にひれ伏したくなります(笑)量はまだ結構いけるんですけどね?そんなわけで地味に糖質OFFしつつダイエットに励んでおります。運動は…そのうちに!
    今年一番の衝撃映像についついコメントでした(笑)秋の味覚の誘惑にすぐにでも負けそうですが皆さま(?)頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました