パレルモの総合病院の内部の様子とイタリア語を褒められて戸惑うイタリア人夫

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

3月、4月でとんでもないことになっていたイタリアの病院も、今はとても落ち着いています。コロナ騒動中に避けていた検診的なものも復活し(病院は開いていたけど急ぎじゃないなら、落ち着いてからと判断するケースが多かった…)、先日、血液検査や婦人科検診などをしましたが、今回、集大成的な感じで総合病院の方に行ってきましたよ〜。

イタリアの病院の感染対策と”採血恐怖”対策〜パレルモの血液ラボから
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ コロナ状況も落ち着い...



南国感満載の総合病院はリラックスムード

朝も早よから初めて訪れた海沿いの総合病院は、先日出産女性の入院前検査で陽性が発覚し、COVID HOSPITALに移送されたとニュースがあったばかりで、ちょっとドキドキしましたが、内部はま〜落ち着いてました!

※今は、救急や検査入院の入館には事前検査が行われています。

病院の敷地内に、70年代的近未来感漂う教会もありました。

全体的に南国感満載。なぜならそれは、南国だからw。一応それでもイタリアなのでバールもあり、木陰で朝ゴハンのコルネットを食べてるヒトたちもいました。

当然マスク必須だけど、食べてる間はできない…大丈夫かな?と医療用N95マスクで汗だくになりながら、総合受付へ

※イタリアのコロナ医療体制:公立総合病院のうち、認定されたいくつかが全館COVID HOSPITALとなり、陽性者をまとめて対応。なので、COVID HOSPITAL以外は通常通りで営業している感じ。



内部はコロナ対策万全でやや緊張感

総合受付は混んでいましたが、イタリアのよくある光景”おしゃべり”は皆無。それぞれが距離を取るように順番をまっていました。

待合ゾーン(というか廊下)の椅子も部分的に着席禁止

今は平穏を取り戻しているけど、これから…わからないですねぇ。秋が怖い!どうかこのまま増えないで〜。

「イタリア語上手だね」と褒められたピンキー(夫)・大笑

さて、だいたいイタリアの病院というものは(特にパレルモ)、ただの検診ですら一人で来ない人が多いもので、夫婦連れや親子、友達など付き添い付きがデフォルトですwが、一応、今は病院棟の中や診察室に入れるのは一人となっています。

ですが今回、初めての先生で不安だし、「医療用語でまくしたてられたらわからないので、夫も一緒に」と許可をもらって、診察室まで同行してもらいました。

今回は、腹部エコーをしてもらった私立病院のトーロ先生が、ボスがいるこの公立病院で「総括してもらって」と…。手っ取り早く予約の入る私立病院ですが、公立病院…予約に1ヶ月かかりました。くー!面倒くさい。日本の病院だったら、まとめて終わるでしょうねぇ。。。

ところで、トーロ先生のボスは、レオー二教授。トーロは雄牛でレオーネはライオン。どっちもすごい名前です。レオー二はしかも複数w。と、そんなどうでも良いことにクスクスしながら、受診した結果…「まったくどこも問題ない」そうです。…なんだ…良かった…。

で、終わりがけにレオーニ先生がひとこと。

「イタリアは長いの?2人ともイタリア語が上手だね。ペルフェット!」

え?2人とも?

うち1人は、イタリア人なんですけどw!!!

「あ、いや、えっと、僕…イタリア人なんですよ」と一生懸命シチリア訛りで答えてみせてる夫に、ぶははははっ!診察室で爆笑した妻です。看護師さんも笑ってたw。

奥ゆかしいイタリア人夫は、東京の雑踏の中で見分けがつかなくなり、イタリアではお店で「May I help you?」とか聞かれちゃいますが、一応イタリア人。目も青いのに。しかも今回、結構長居してたのに!そんな観察力の先生に「どこも問題ない」とか言われても、正直言って安心はできないw。

しかし、なんででしょうね、佇まいが日本人化してるのだろうか。ボン先輩はヒト化が進むし、夫は日本人化だし。なんとなく…人種も種族などというものは、本来どうでも良いものなのかもしれない…。

コメント

  1. しんしん より:

    矢追純一の本に載っていそうな教会に朝から爆笑!
    中はどうなっているんだろう・・・キリスト像がホログラム?!
    ピンキーさんの佇まいは確かに日本人以上に日本人かもしれません(笑)
    呼吸が静かな感じが素敵です。
    日舞を舞い、お花を活け、お茶を点てる姿が様になり、袴姿もお似合い・・・あ、ボン先輩の妄想に近いものが~!

タイトルとURLをコピーしました