押しまくりのスケジュール、高校生スタッフの解決案が可愛すぎた

スポンサーリンク

どうも皆さま、ボンジョルノー♪

そんなわけで、開催中のLe vie dei Tesoriのイベントやらファルコーネ暗殺30周年やらで(?)、なんだかバタバタしてまして…ようやく落ち着いてボン先輩の夏毛処理をしていますよー。

そうそう、これ(↓)に追記しました。ピンキー(夫)のインタビュー動画をリンク追加。動くピンキー(夫)です。私もちょこっと写ってますよ。

で、公開中の旦那実家のパラッツォで、私もお手伝いに駆り出されておりますが…初日はこんな感じでした!

想像以上の大盛況!なのは良いのだけど…

パラッツォ見学は1回30分の予約制で、MAX20名の入場にする。とのことだったので…、

「そんなに頻回にしたら1回あたり5、6人かな。専任ガイドさんもつくし、すっごい暇そう。何か読み物持ってくか、ボン先輩でも連れて行こう」と思っていたのだけど、蓋を開けてビックリ…。

こんなに来るの〜@@?!と驚きました。

どう数えても20名以上いますけど?

こんな感じで30分毎ですよ!ありがたいことに、人気みたい。

でも…これだけの人数(しかもイタリア人)が、30分間でサクサクと入退場すると思います?

ふふ、お分かりですね!

はい、どんどん時間がずれていきましたw!

10時30分の予約組の入館が、11時とか。後から来た人が先の組みに紛れちゃうとか。なんかもういろいろでした。。。(疲)

スタッフはなんと高校生!

専任のガイドさんの他、Eチケットのチェックや誘導などを担当してくれるスタッフが3〜4人来る。とのことでしたが、それは…高校生w。

しかも、やや幼い感じのする子たちで…ちょっと大丈夫かな?と心配になりました。が、学校もコラボレーションしているのでお任せしておりました。

イタリアの高校には労働体験がカリキュラムにあり、今回はパレルモ大学も絡んだガチ文化イベント。高校生が体験学習がてらのお手伝いとは、なかなか良い仕組みだし、きっと真面目な子たちだろう。と思ったので。

でも、問題は…監督官がいないことw!

ガイドのアキーレくんも頑張ってました

押しの強いイタリア人のおじさんおばさんを相手に未経験の高校生。もう時間も人数も…ずれるわ、増えるわw。

「いったい何時になったらランチ食べられるのー?!」な状態になって行きました。

まーそりゃなりますよねー^^;。

最終入場予定は、13時。日本だったら、いや、予定通りなら13時30分にはランチに行けるはず

ですが、この調子だと14時に13時予約組を入れるとか、14時半に最終回とか、そんな事態になりそう!

すでにお腹が空いていたおばさん(私)は、もう黙っていられませんでしたw。

ガンガン入れてドンドン回してこー!

誘導係でウロウロしてた可愛らしい女子高校生スタッフの1人に、

「あのさ、11時予約組を11時40分に入れるなら、11時半予約組も一緒に入れちゃって、ドンドン挽回して行こうよ」

と言うと、

「でも20名越えちゃいますよね?」

「って、もう越えてるじゃん?」

「あーだって、入れろって強引な人が多くて…」

「うん、だからもういいから、入れちゃって」

「最大何人にしますか?」「もう何人でもいーんじゃない?」「じゃあ…25名とか?」「今回は、38名いるよ?」「あ、だって強引でぇ」「うん、だからね…」などとやや無駄なやり取りの後、

「みんなと相談してきます!」と、パラッツォの入り口で、チケット管理と入館拒否wを頑張ってるみんなのところへ、駆け下りて行きました。

みんなと相談した結果…

そして、駆け上がってきて、“みんなと相談した結果”を高らかに伝えてくれました。

12時30分予約組と13時予約組を、12時45分に入場させて、それを最終回にするのでどうですか?!ランチには13時15分に行けますよ!」

何かとても良い案みーつけた!みたいな調子でご機嫌です。でも、なんかおかしいですよw?

「え?13時に予約した人はいないの?」

「13時で予約は…シニョーラの2人組だけなんですよー」

「その人たちに早めにきてねって連絡するの?」

「できないです…」

こらこらw。予約時間に到着したら、もうツアー始まってるって、そりゃないでしょーw。

「そうですよね。
じゃあ…

早めに来てくれるように期待ましょう(≧∇≦)!

おいw。

「あのね、お仕事のスケジューリングは”期待込み”でしたらダメなのよw。お約束通りの13時にきて、入れなかったら気の毒だし、無責任でしょ」

「そうですよね。。。」

皆んなで相談した結果が、期待込みの珍しいスケジュールで、おばちゃんは笑い…大変和みました。かわいいなぁw。

とってものんびりした環境で育ってるんでしょうねぇ。っていうか、こんな感じで時間に緩〜いイタリア人が出来上がる過程を見た気も…。←誰か教えてあげてーw。

そうしてみんなと相談を何度かしつつ、12時45分に詰め詰めでご入場していただき、最終入場は13時10分に設定し、予約してたシニョーラたちも無事入場。

13時40分にはランチへ行くことができました。MAX45分遅れを…最後は10分遅れまで巻き返しに成功w!

終わりよければ、すべてよし。なんだかみんな満足気に初日は終了しました♪

今回のイベントのテーマは”ジェニオ・ディ・パレルモ”だからw!お揃いのTシャツの仲良しご夫婦

「いらっしゃいませ、オホホホ」と微笑んでればいいからと言われていたのに、ずっと走り回ることになり、おばちゃんは疲労困憊だったけど、高校生たちも何か学んでくれてたら嬉しいよ。。。

専任ガイドさんもめちゃくちゃ素直で、ピンキー(夫)が説明に割り込んでも「勉強になります!」と笑顔だったし、いくら家主とはいえ、ガイドさんにとっては結構迷惑な話で、我の強い人だったらムッとされてたはずw。良いチームでラッキーだったかもです(疲れたけど)。

今週末も同じチームだと良いな。。。

まあそんなわけで、良い水曜日を!
Buon mercoledì!

コメント

  1. しんしん より:

    sawabonさんが高校生とやり取りする姿が目に浮かぶ手に汗握るレポートでした(笑)
    動画も拝見。ピンキーさんがとても立派な先生になられてびっくり!sawabonさんは疲労困憊ではなく、一言も聞き漏らすまいとする○○女史(掌から指揃えて眼鏡持ち上げる)みたいでカッコよかったよかったですよ~。
    TVバラエティはリモート映像でしたが、今回は解像度の良いお姿が拝見出来て嬉しかったです。

タイトルとURLをコピーしました