イタリアで作ったメガネ+ダイソーの結果…平たい顔族の苦悩の夏

スポンサーリンク

どうもー皆さま、ボンジョルノ♪

まー快晴が続くパレルモですよ。スッキリ晴れた青空はとーてーも気持ちが良いんですがね、暑いんですよ、ええ…。

今週末にピンキー(夫)がイベントを控え、巻き込まれてワタワタしている我が家は、衣替えもままならず。

薄めの冬物衣料で出かけている。ゆえに、汗だくです。

マスクなし生活になり、サングラスがズルズル落ちる問題

それだけお天気が良いと、外出時のサングラス&日焼け止めは欠かせません(何なら家の中でも必要なくらい)。

サングラスといえば、昨年、ウキウキ新調したアルマーニのサングラスを今年もかけていますが、イタリアで作ると鼻当てがないんですよ、だいたい鼻が高い想定でデザインされてるから。

昨年告白した平たい顔族の苦悩

去年もぶつくさ言ってたけど、マスクがストッパーになって助かったのだけど…。もはや、マスクなし生活。

ダイソーってすごい!シリコン製の鼻パッド

それでね、先月日本から来てくれたお友達が持ってきてくれたダイソーの鼻パッド。シール式になってて、鼻当てのところにピッピとつけるわけですよ。

素晴らしい。
ズルズルしない!

と、マスクの代わりにダイソー鼻パットが救ってくれそうな夏♪良い感じー。

が、しかし。
そこに汗が加わるわけです。

ダイソー鼻パットシールの弱点

キラキラ輝く晴天の街を歩き、待ち合わせしてとあるショップに入り、サングラスを外す。友人が私の顔をじっと見て、ひと言…。

「…Piccione(鳩)」

ダイソーの鼻パッドシールが外れて鼻の根元の両側に残っていました。ポン、ポンと。

口ばしの上のそれはなんだい?

ダイソーシール、汗に弱いようですね。
…瞬間接着剤でつけちゃうってどうかしら。

んーどうぞ良い木曜日を!
Buon giovedi!

コメント

タイトルとURLをコピーしました