不満げなボンさんとシチリアの小さな可愛い町カステルブオノへ

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

週末、パレルモからバヒューンと車で約1時間半の小さな町カステルブォノに行ってきました。もちろんボンさん連れで〜!

エオリア諸島とファビニャーナ島、アグリジェント、シラクーサ、ラグーザ、タオルミーナ、メッシーナ、チェファルー、コルレオーネなどなど…シチリア各地の名所に行っているシチリアを旅する犬・ボンですが、カステルブオノは未体験。



ボン先輩は、今日は不機嫌(笑)!

海からのぼって標高約600mに位置する町の背後には、雪をかぶった山々も見えます。

寒がるかと思ったけど、そうでもない…。丈夫で良かった。

「俺はあの向こうの森に行きたかったんだ。停まってくれないから…。泣いたのに。」

↑途中に羊の群れが草を食む、草原や森があったんだけど、待ち合わせの時間に遅れそうで…。一度も停まらなかった(走って匂いを嗅ぎに行かせなかった)ことを不満に思っている顔です…。

友人たちに会うのがメインだけど、やはりこの町に来たら、この店に行かないわけにはいきません!

シチリア食い倒れツアー2019レポ.4〜名店のお菓子とチェファルーとマヨリカ陶器
シチリア食い倒れツアー2019レポートの続きです!今回はご参加メンバーさまのお写真を交えてご紹介しています♪ 幸せスローライフ・ファミリーでランチから天然水を経 ...

爆買いした後、ドルチェ&ガッバーナのコラボコーナーで、座ってもらうと、

「なんで俺が、ここでポーズ取んなきゃなんないんだよぅ…」

と、不満丸出しw。仕方なくお座りしているときの顔です…。

でも一応座ってくれたので撮ってみました。だからなんだって写真ですけどね〜シチリア柄と合うボンの毛色。さすが地元色ね〜。

…ついでに新しいハーネスがすごく似合ってないことに改めて気づきましたw!デザインが気に入らないけど、無駄に長い首にぴったり合ってつけ心地も良さそうってことで無理やり新調したハーネス。やっぱり似合ってない!

夕方で寒かったけど、ゾロゾロお散歩…。裏路地がすこぶる可愛い町です。

「ここも走っちゃダメなんだろう?」

オレンジの街灯が点き始めると、町の魅力がますますアップ。暗くてハーネスも見づらくなって、ちょうど良い感じです。

「ああ俺は、向こうの芝生で走りたいんだ」

ドルガバの前でミーハーな記念写真w撮られた上、広場でゴールデン(♀)のキラちゃんに振られたし、近くに自然の香りがするのに走れないし。全体的に不機嫌な香りを放出していたボンさんでしたが(ほんっとわかりやすいわねぇ…(-_-)。)、人間はご機嫌。

空気も澄み、風光明媚でゴハンもドルチェも美味しい。町もゴミがなくてキレイ…なのは、なんと毎朝ロバが掃除しているんだそう!!!(正確にはロバと人間)

今度は早朝に働くロバを見るために泊まりがけで来ようと思いますよ〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました